全身麻酔時の脳波に及ぼす侵害刺激の影響:記述レビューと鎮痛剤調節へのアプローチ

・脳波(EEG)活動は、全身麻酔の対象臓器である脳の神経生理学的なモニタリングに使用される。脳波は、催眠状態の評価に使用されるほか、侵害刺激に対する神経生理学的反応も脳波で観察される。これらの反応を認識し理解することは、術中鎮痛管理の最適化に役立つ可能性がある。 ・このレビューでは、患者が全身麻酔下にあるときに侵害刺激によって誘発…
コメント:0

続きを読むread more