心疾患患者と非心疾患患者におけるクモ膜下ブピバカインとブトルファノールの血行動態効果の比較研究

・クモ膜下オピオイドと低用量局所麻酔薬の相乗効果により、低血圧を最小限に抑えた信頼性の高い脊椎麻酔(SA)が可能となる。本研究の目的は、0.5% クモ膜下ブピバカイン(2mL)とブトルファノール 25μg の低用量投与による血行動態効果を、心疾患患者と非心疾患患者で比較することであった。 ・年齢 30〜80 歳で臍下手術を受けた …
コメント:0

続きを読むread more