硬膜外腔における脳脊髄液の広がりの磁気共鳴画像は、産科患者の硬膜穿刺後頭痛の重症度と相関している: 概念実証研究

・現在のところ、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)に対して硬膜外血液パッチ(EBP)を行うことは、主観的な臨床判断にとどまっている。エビデンスに基づいたプロトコルは、重症 PDPH を発症するリスクの高い女性を特定する上で価値があるかもしれない。本研究の目的は、産科患者において磁気共鳴画像法(MRI)で認められる硬膜外腔の CSF の広がりの程…
コメント:0

続きを読むread more