区域麻酔下で股関節手術を受けた患者の術前入院期間が術後認知機能障害に及ぼす影響

・本研究の主な目的は、区域麻酔下で人工股関節全置換術を受けた患者の術前入院期間が術後早期認知機能障害(POCD)発症に及ぼす影響を調査することであった。 ・2013 年 11 月から 2014 年 9 月までの間に、64 名の患者が本研究に登録された。初回入院日(MMT1)、手術 24 時間前(MMT2)、手術後 24 時間後(M…
コメント:0

続きを読むread more