小児におけるクラシック・ラリンジアルマスク挿入に対するいろいろな時点でのセボフルランの EC50:無作為化盲式試験

・文献によると、CLMA(クラシック・ラリンジアルマスク)挿入時のセボフルランの EC50(呼気終末濃度)は 1.5〜2% であり、これらの研究のほとんどは LMA 挿入前の 10〜25 分間、必要な呼気終末濃度を維持することを示唆している。血液と脳のセボフルラン濃度が平衡になるのにこのように長い時間を待つことは、小児では特に換気がうま…
コメント:0

続きを読むread more