■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/03/11

MCQ19.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (s______) (r__________) : 浅呼吸

(2) (_____________y) : 催奇性

(3) (a_____) : 喘息

(4) (b__________) (b_____) (s_____) : 炭酸水素緩衝系/重炭酸緩衝系

(5) (w________) (p___) : 移動痛/遊走痛


[解答]
(1)shallow respiration(2)teratogenicity
(3)asthma(4)bicarbonate buffer system
(5)wandering pain


[出典] 麻酔科学用語集 第3版


■ これって常識? ■
末期がん患者の3分の2にがん性疼痛があり,体性痛,内臓痛,神経因性痛が絡み合う

1)緩和ケア科に入院時の患者の6〜8割に痛みがある.
2)がん性疼痛は大きく分けて,○1体性痛,○2内臓痛,○3神経因性痛,の3種類である.○1○2は侵害受容性でありモルヒネが効くが,○3はモルヒネが効きにくい.これらは絡み合って出現する.


[出典] 知っているつもりの内科レジデントの常識非常識 第3章 378の常識〜緩和ケア編



【問題2】(麻酔) 腹腔鏡下手術について正しいのはどれか?

ア:頭蓋内圧の亢進がある場合は、腹腔鏡下手術は相対的禁忌である。

イ:二酸化炭素気腹で、局所麻酔下の自発呼吸ではPaCO2は上昇しない。

ウ:脳室腹腔シャント術後の患者は、腹腔鏡下手術は相対的禁忌である。

エ:逆Trendelenburg体位では気管支挿管となってしまうことがある。

オ:重度の心肺疾患がある場合は、腹腔鏡下手術は相対的禁忌である。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:○:頭蓋内圧の亢進がある場合は、腹腔鏡下手術は相対的禁忌である。
イ:○:二酸化炭素気腹で、局所麻酔下の自発呼吸ではPaCO2は上昇しない。他の麻酔方法や換気モードでは、換気を調整しなければ、高二酸化炭素が起こるであろう。
ウ:○:脳室腹腔シャント術後の患者は、腹腔鏡下手術は相対的禁忌である。
エ:×:Trendelenburg体位では肺と気管分岐部の頭側への移動によって気管支挿管となってしまうことがある。
オ:○:重度の心肺疾患がある場合は、腹腔鏡下手術は相対的禁忌である。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p527-533





【問題3】(胸部手術の麻酔) 縦隔鏡検査の際に起こりうるものはどれか。
ア:気胸
ウ:大血管からの出血
イ:脳循環障害
エ:空気塞栓

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 縦隔鏡検査の合併症の頻度は1.5−3%である。腕頭動脈の圧迫により、脳血流が障害される可能性がある。右橈骨動脈の脈拍をモニターしていれば、腕頭動脈圧迫は察知できる。大動脈の圧迫により徐脈が起こることもある。出血、気胸、反回神経麻痺、感染症などが主な合併症である。食道損傷、乳ビ胸などもまれに起こる。


[正解] (全て) [出典] 麻酔科クリニカル問題集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント