■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/03/26

MCQ34.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (p___) (t________) (l____) : 疼痛許容レベル

(2) (a_____) (i____________) : 大動脈弁閉鎖不全[症]

(3) (l___________) : 喉頭鏡検査

(4) (a__________) : 血管形成術

(5) (V_______) (m_______) : バルサルバ(Valsalva)試験


[解答]
(1)pain tolerance level(2)aortic insufficiency
(3)laryngoscopy(4)angioplasty
(5)Valsalva maneuver


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(体液・電解質) 体液量の調節と異常について正しいのはどれか?

ア:ニコチンはADH分泌の抑制因子である。

イ:エタノールはADH分泌の刺激因子である。

ウ:腎臓の動脈圧の低下は、腎臓の傍糸球体細胞からレニンの分泌を促す。

エ:糖質コルチコイドはADH分泌の刺激因子である。

オ:低ナトリウム血症ではアルドステロン分泌が刺激される。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:×:ニコチンはADH分泌の刺激因子である。経口糖尿病薬クロルプロパミド、モルヒネ、三環系抗うつ薬なども刺激に作用する。
イ:×:エタノールはADH分泌の抑制因子である。フェニトイン、糖質コルチコイドもADH分泌の抑制因子である。
ウ:○:循環血液量減少、低ナトリウム血症、低血圧は、腎臓の動脈圧の低下は、腎臓の傍糸球体細胞からレニンの分泌を促す。
エ:×:糖質コルチコイドはADH分泌の抑制因子である。
オ:○:低ナトリウム血症、高カリウム血症、循環血液量減少、ACHTの増加、外科手術ではアルドステロン分泌が刺激される。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p21-27


【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.2p18

(気管内挿管)『喉頭鏡がアクセスできない(barrel-chest)』

胸板が異常に厚いか、胸骨が突出しているために、喉頭鏡のハンドルがつかえて喉頭鏡が口内にアクセスできないことがある。対策:(1)体位:口腔軸と前胸壁のなす角度が大きく(鋭角→鈍角)なるように、肩甲骨の下から後頭部にかけて毛布やタオルを重ね入れて、頭部を挙上した体位とする。(2)使用器具の工夫:①通常のハンドルを使用する場合、ブレードとハンドルをはずして口内に挿入するか、真横にして挿入し前方へ90度回転させる。②短いハンドルを用いる。③特殊ブレード(ポリオブレード)や特殊ハンドル(adjustable handle)を使用する。









【問題3】(呼吸) アスピリン喘息は成人喘息患者の何パーセントくらいにみられるか?
1) 1%以下
4) 10%
2) 20%
5) 2〜3%
3) 40〜50%


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] アスピリン喘息は、成人喘息患者の約10%に存在。喘息患者への解熱・鎮痛薬の投与の際はできる限り塩基性消炎剤(ソランタールなど)を投与する。


[正解] 4 [出典] 研修医ノートP885

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント