上肢手術における区域麻酔と全身麻酔の患者満足度:非盲式横断的前向き臨床比較観察研究

上肢.png・医療の質を評価する上で重要なのは、患者の満足度である。しかし、この点について調べた研究はわずかしかない。本研究の主な目的は、上肢手術を受ける患者で区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)の患者満足度を比較することであった。また、両手技間の入院期間と鎮痛持続時間を副次的な目的とした。

・この横断的研究は、三次医療機関の教育病院で行われた。対象としたのは年齢 18 歳から 60 歳までの患者で、ASA-PS グレード 1〜3 で、上肢手術を受ける患者であった。麻酔に対する患者満足度は、GA と RA を受けた患者(各群 100 名)を対象に、あらかじめ作成した 10 項目の周術期質問票を用いて、手術後 24 時間以内に評価した。連続変数は Mann-Whitney-Wilcoxon 検定、カテゴリー変数はχ二乗検定を用いて群間比較を行った。

RA 群の患者は GA 群の患者に比べて、質問票の 10 項目すべてと総スコアに関して、有意に高い満足度を示した(P<0.001)。鎮痛持続時間も RA 群の方が GA 群よりも有意に長かった(P<0.001)。入院期間は GA の方が RA よりも有意に長かった(P<0.001)。

上肢手術における RA は、GA よりも患者満足度が高く、鎮痛持続時間が長く、入院期間が短くて済む。
POINT下肢手術と同様に、上肢手術も、全身麻酔ではなく区域麻酔でやったほうが患者満足度も高く、入院期間が短くて済む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント