腹腔鏡下結腸切除術における静脈内局所麻酔薬と腹腔内局所麻酔薬の比較:二重盲式無作為化対照試験

・周術期疼痛コントロールは、術後患者の経験と満足度を向上させるために不可欠である。伝統的にオピオイドは術後鎮痛に頻繁に使用されてきた。オピオイドは疼痛コントロールには効果的であるが、術後の嘔気嘔吐、イレウス、長期的なオピオイド依存などの副作用がある。どちらの方法も有望ではあるが、腹腔鏡下結腸切除術を受ける患者を対象とした直接的な前向き無…
コメント:0

続きを読むread more