術前の液体炭水化物の経口摂取が血糖値、空腹時の口渇、疲労度に及ぼす影響:無作為化比較試験

飲用11.png・本研究は、関節鏡手術を受ける患者において、術前の液体炭水化物の経口摂取が、術後の血糖値、空腹時の喉の口渇、および疲労度に及ぼす影響を分析することを目的とした。

・本無作為化比較臨床試験では、関節鏡下手術を受ける予定の患者 82 名を登録し、2 群に分けた。(1)炭水化物を多く含む飲料を摂取した群、(2)深夜に何も摂取しなかった群。術前・術後の空腹時の喉の口渇(視覚アナログスケール)と血糖値を測定した。同様に、簡易倦怠感尺度を術後 24 時間後の患者に適用した。

術後 1 時間目の平均血糖値は、介入群が 90.90±13.56mg/dL、対照群が 107.00±15.84mg/dL であった(p<0.001)。術後の平均口渇スコアは、介入群で 4.70±1.59、対照群で 6.36±2.07 であった(p<0.001)。また、術後 24 時間目の平均疲労度は、それぞれ 4.80±2.13、5.48±1.46 であった(p>0.05)。

脊椎麻酔前の液体炭水化物の経口摂取は、患者の術後の血糖値と喉の口渇に良い影響を与えることがわかった。

術後の疲労感軽減のためにも、術前の炭水化物飲料は推奨されていいようだ。

【出典】
Effect of preoperative oral liquid carbohydrate intake on blood glucose, fasting-thirst, and fatigue levels: a randomized controlled study
Braz J Anesthesiol. 2021 Apr 9;S0104-0014(21)00132-9. doi: 10.1016/j.bjane.2021.02.053. Online ahead of print.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント