硫酸マグネシウムは女性の帝王切開術の術後疼痛を軽減する:無作為化比較試験のメタ分析

マグネシウム23.png・帝王切開(CS)分娩のさまざまな麻酔レジメンにおける補助薬としての硫酸マグネシウム(MgSO4)の使用は、しばしば矛盾した結果を報告している。本研究では、CS 後の術後鎮痛改善に対する硫酸マグネシウムの有効性を系統的に検討することを目的とした。

・PubMed、Embase、Cochrane library を対象に、創始から 2020 年 2 月までに発表された無作為化比較試験(RCT)を検索した。

・合計 880 名の女性が含まれた(各群 440 名)。MgSO4 は、最高 VAS(WMD= -0.74、95%CI:-1.03、-0.46、P<0.001;I2=91.7%、異質性P<0.001)および最終 VAS(WMD= -0.47、95%CI:-0.71、-0.23、P<0.001;I2 =95.0%、異質性P<0.001)において、対照群と比較して統計学的に有意な効果があった。MgSO4 は、対照群と比較して、鎮痛剤を最初に使用するまでの時間を延長した(SMD= -3.03 分、95%CI: -4.32, -1.74, P<0.001; I2 =96.3%, 異質性 P<0.001)。MgSO4対照群と比較して鎮痛剤費量を減少させた(SMD= -3.20 mg of IV モルヒネ等価物, 95%CI: -5.45, -0.95, P=0.005; I2=97.6%, 異質性P<0.001)。

MgSO4 は、CS に際しての全身麻酔、脊椎麻酔、硬膜外麻酔を受けた女性の最高 VAS を減少させる(すべて P<0.05)。MgSO4 の追加は、CS を受ける女性の術後痛を有意に減少させる。

産科麻酔においては、硫酸マグネシウムは子癇の治療に頻用されるので、違和感なく使用できそうだな。

【出典】
Magnesium sulfate reduces postoperative pain in women with cesarean section: a meta-analysis of randomized controlled trials
Pain Pract. 2021 Apr 25. doi: 10.1111/papr.13022. Online ahead of print.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント