■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/04/06

MCQ11.png



【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (m_____) (h_____) : 心の健康

(2) (p____________) : 小児麻痺

(3) (h________) (s____________) : 溶血性連鎖球菌

(4) (a___________) : 虫垂炎

(5) (b______) (d_______) : 躁うつ病、双極性障害


[解答]
(1)mental health(2)poliomyelitis
(3)hemolytic streptococcus(4)appendicitis
(5)bipolar disorder


[出典] RNN時事英語辞典 http://rnnnews.jp/


■ これって常識? ■
無症候性の低 Na血症を急速に補正するな!

1)慢性低 Na血症を急速に補正すると,橋中心髄鞘溶解(CPM)などの重篤な神経学的後遺症が発生しうる.補正速度は0.5mEq/l/時を越えてはならない.
2)症候性(けいれん,意識障害)の急性低 Na血症に対しては,血清Na濃度を経時的にモニターしながら3%NaCl(1〜2ml/kg/時)投与,furosemide投与を行う.
3)純粋な水分過剰による低 Na血症(SIADHなど)の過剰水分量は,
過剰水分量=(1−現在の血清Na濃度/目標血清Na濃度)×体重×0.6


[出典] 知っているつもりの内科レジデントの常識非常識 第3章 378の常識〜腎臓編



【問題2】(血管手術の麻酔) 腹部大動脈瘤手術の際にみられる血行動態について正しい記述はどれか。

ア:腎動脈下の大動脈遮断で腎皮質への血流量は減少する。

イ:大動脈遮断により心機能が不良の場合には、肺毛細管楔入圧は上昇する。

ウ:腸管を操作した際に、体血管抵抗減少、低血圧をみることがある。

エ:腹部大動脈瘤手術の場合には、脊髄への血流が障害されることはない。

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] Adamkiewicz(大根動脈 artery radicularis magna )動脈がL2より遠位から分岐することはまれである。腹部大動脈瘤手術で対麻痺が起こる頻度は1%未満であるが、起こる可能性はある。


[正解] (ア)、(イ)、(ウ) [出典] 麻酔科クリニカル問題集




【問題3】(代謝・内分泌) 代謝性アシドーシスの代表的な原因としてもっとも考えにくいのはどれか。
1) 敗血症
3) 心原性ショック
5) 酸素負債(低酸素血症回復期)
2) 貧血
4) 多臓器不全


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ■代謝性アシドーシスの代表的な原因
・最も考えやすいのは、敗血症、心原性ショック、多臓器不全、酸素負債(低酸素症からの回復期)
・以下のものも考えに入れる=エピネフリン過剰、腸管梗塞(SMA血栓)、てんかん大発作、糖尿病性ケトアシドーシス
・可能性として忘れてはならないもの=ビタミンB1 欠乏症
・原因として強調されすぎているもの=低酸素症、貧血、肝疾患
代謝性アシドーシスがあって、本人の重症感が強い場合は、何らかの重篤な循環不全(心不全でも、出血でも起こりうる)、敗血症、糖尿病性ケトアシドーシス、のどれかが隠れているかもしれない。逆に、循環不全を伴わない低酸素血症、貧血だけではアシドーシスを引き起こすことはまずない。



[正解] 2 [出典] レジデント初期研修用資料

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント