心肺蘇生後に集中治療室に収容された心停止患者:死亡率の予測因子を見い出すための後ろ向きコホート研究

・院内での心停止は、病院環境においてよく見られる状況である。そのため、医療従事者は心肺蘇生の結果に影響を与える可能性のある理由を理解する必要がある。著者らは、院内心停止患者の自己循環回復後の予後不良の独立予測因子を明らかにすること、また、患者の背景パラメータと集中治療室での状態との関係を調査することを目的とした。 ・2011 〜 …
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の術後認知機能と睡眠の質に及ぼすプロポフォールによる静脈内全身麻酔の影響

・本研究では、高齢者の術後認知機能と睡眠の質に対するプロポフォールを用いた静脈内全身麻酔(TIVA)の効果を観察することを目的とした。 ・2019 年 8 月から 2020 年 8 月にかけて、河北医科大学三次病院で腹部手術を受けた高齢患者 130 例を本研究に登録した。参加者全員を TIVA 群(n=65、プロポフォールを用いた…
コメント:0

続きを読むread more

骨盤・腹部の大手術後の回復経過に対する術前アミノフィリンの効果:無作為化比較二重盲式試験

・本研究では、異なる用量のアミノフィリンによる前投薬が、全身麻酔後の回復経過に及ぼす影響を比較した。 ・骨盤・腹部の手術を予定している 45 名の患者を 3 群に分けた。全身麻酔導入 30 分前に C 群:100ml の生食を静注、A1 群:アミノフィリン 2mg/kg を静注、A2 群:アミノフィリン 4mg/kg を静注した。…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/04/28

【問題1】(成人、小児、新生児での蘇生法) 小児の心肺蘇生について正しい記述はどれか。 ア:乳児では、脈拍の確認を上腕動脈または大腿動脈で行う。 イ:乳児での心マッサージの回数は100−120回/minとする。 ウ:4歳以上の小児で、二人で心マッサージと人工呼吸を行う比率は5:1とする。 エ:4−10歳の小児で胸骨圧迫を…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管時の血行動態反応に対するデキスメデトミジンの効果:メタ回帰と試験逐次解析を用いたメタ分析

・気管挿管時にアドレナリン反応が制御されないと、生命を脅かす合併症を引き起こす可能性がある。デキスメデトミジンはα2 受容体に結合し、この反応を軽減する可能性がある。今回のメタ分析の主な目的は、気管挿管時の交感神経反応を抑制するデキスメデトミジンの効果を、プラセボやデキスメデトミジンを投与しない場合と比較して、挿管時の心拍数や血圧の観点…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/04/27

【問題1】(産婦人科領域の麻酔) 心疾患をもつ妊婦の分娩時の麻酔管理について正しい記述はどれか。 ア:分娩後に心不全に陥ることがある。 イ:僧帽弁狭窄症と肺高血圧症がある患者では、硬膜外鎮痛がしばしば用いられる。 ウ:大動脈弁狭窄症のある患者では、脊椎麻酔は危険である。 エ:右左シャントのある先天性心疾患患者が低血圧を起…
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査困難を予測するための CT による前頸部軟部組織の計測:後ろ向き研究

・喉頭鏡検査困難さを予測することは、気道管理に不可欠な要素である。著者らは、喉頭鏡検査困難性を予測するためのコンピュータ断層撮影における前頸部軟部組織の測定方法を評価し、明確な測定プロトコルを提示することを目的とした。 ・本後ろ向き研究では、甲状腺摘出術のために直接喉頭鏡を用いて気管挿管した成人患者 281 名を登録した。CT(コ…
コメント:0

続きを読むread more

血小板減少症の産科患者における脊柱管麻酔に関する産科麻酔学・周産期学会学際的合意声明

・産科患者の最大 12% が妊娠中の血小板減少症の診断基準を満たしているため、麻酔科医は罹患患者に脊柱管麻酔を行うかどうかを決定しなければならないことが稀ではない。帝王切開分娩に際しての全身麻酔に関連する潜在的合併症を考慮すると、血小板減少症の患者が脊柱管麻酔において脊髄硬膜外血腫のリスクを増大させる可能性があるのはどのような患者か、そ…
コメント:0

続きを読むread more

小児開頭手術患者における先制的切開部位浸潤鎮痛へのロピバカイン補助剤としてのデキサメタゾン:前向き多施設無作為化二…

・小児の扁桃腺摘出術後痛を軽減するために、切開部位浸潤にデキサメタゾンを添加することは日常的に行われている。しかし、これは小児の開頭手術患者ではまだ研究されていない。著者らは、小児開頭術患者において、ロピバカインとデキサメタゾンの併用による切開部位の浸潤が、ロピバカイン単独よりも優れた鎮痛効果をもたらすのではないかと考えた。 ・こ…
コメント:0

続きを読むread more

テント上開頭術後の術後疼痛に対するロピバカイン+デキサメタゾンによる先制切開部位浸潤の効果:前向き無作為化対照試験

・局所麻酔薬による切開部位への浸潤は、切開部位の痛みを防ぐが、痛みの軽減は術後数時間に限られる。デキサメタゾンを局所麻酔薬の補助剤として使用することで、うまく術後の疼痛緩和効果を高めることができるが、開頭手術患者を対象とした研究はまだ行われていない。 ・本研究は、全身麻酔下での待機的テント上腫瘍開頭術を予定している年齢 18 歳か…
コメント:0

続きを読むread more

気管チューブやラリンジアルマスクのカフを膨らませるのに、わざわざシリンジを使用しない方法

気管チューブやラリンジアルマスクのカフを膨らませるのに、わざわざ滅菌された新しいシリンジを使用するのはゴミを増やすだけだ。 気管チューブ用には 10ml シリンジが使いやすいし、ラリンジアルマスク用には 20~30ml のシリンジが使いやすい。常に 2 種類のシリンジに「気管チューブ用」とか「ラリマ用」とか書いて捨てずに麻酔器周り…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開時の高比重ブピバカインのクモ膜下投与量を評価するための機械学習アルゴリズムを用いた予測モデル

・帝王切開時の高比重ブピバカインのクモ膜下投与量を事前に調査することは困難である。本研究では、帝王切開時の身体的変数に基づいて高比重ブピバカインのクモ膜下投与量を評価する機械学習アルゴリズムを用いた意思決定支援モデルを開発することを目的とした。 ・脊椎麻酔下での待機的帝王切開に臨む満期産婦を登録した。脊椎麻酔は L3/4 間隙に …
コメント:0

続きを読むread more

平均動脈圧に対するアセトアミノフェン静注の効果:腹部外科手術後の低酸素血症に対するアセトアミノフェン静注の効果に関…

・アセトアミノフェンは、急性痛に対するマルチモーダル鎮痛法の一環としてよく用いられる。アセトアミノフェン静脈内投与は、経口投与や直腸投与に比べてバイオアベイラビリティー(生物学的利用能)が予測可能である。しかし、アセトアミノフェン静脈内投与では、中枢性血管拡張作用による低血圧症が報告されている。著者らは、成人の腹部外科手術において、術後…
コメント:0

続きを読むread more

腕神経叢ブロック下で整形外科手術を受けた成人における術後低体温症の発生率とその危険因子:後ろ向きコホート研究

・術後低体温症は患者の死亡率と罹患率を高める。しかし、腕神経叢ブロック(BPB)を主な麻酔法として手術を受けた患者の術後低体温症の発生率やリスク因子は、まだ明らかになっていない。本研究では、腕神経叢ブロック(BPB)下で手術を受ける患者の術後低体温症の発生率とその危険因子を明らかにすることを目的とした。 ・2014 年 10 月〜…
コメント:0

続きを読むread more

外来手術患者の術後のオピオイド消費に及ぼすリドカイン全身投与の効果:無作為化比較試験のメタ分析

・外来手術は周術期医療との関連性が高まり続けている。臨床研究では、様々な外科手術におけるマルチモーダル鎮痛法の構成要素としてリドカイン全身投与の使用を検討してきたが、結果はまちまちであった。外来手術における全身性リドカインのオピオイド節約効果については、定量的な検討がなされていない。本研究の主な目的は、外来手術を受ける患者で、術後鎮痛ア…
コメント:0

続きを読むread more

肥満の産科患者における硬膜外鎮痛:三次病院における非肥満患者との比較検討と後ろ向き研究

・肥満は産科患者に頻繁に見られる症状になりつつある。肥満指数(BMI)が高いと、脊柱管を用いた手技の難易度が高くなり、硬膜外鎮痛がうまくいかないことと密接な関係がある。本研究は、三次病院で分娩に際し脊柱管鎮痛法を受けた肥満の産科患者を分析し、手技とその成功に関する側面を評価することを目的としている。 ・1 年間の後ろ向き的観察記述…
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルにおける麻酔科医の薬物乱用:全国調査

・ブラジルの麻酔科医における物質使用障害(SUD)の有病率と薬物検査の受け入れ状況は明らかにされていない。 ・ブラジルの麻酔科医における SUD の有病率を調査し、SUD が障害者やその患者の健康を脅かすかどうかに関する麻酔科医の態度を探り、SUD を減らすための薬物検査の受け入れとその効果に関する麻酔科医の見解を明らかにするため…
コメント:0

続きを読むread more

術前の液体炭水化物の経口摂取が血糖値、空腹時の口渇、疲労度に及ぼす影響:無作為化比較試験

・本研究は、関節鏡手術を受ける患者において、術前の液体炭水化物の経口摂取が、術後の血糖値、空腹時の喉の口渇、および疲労度に及ぼす影響を分析することを目的とした。 ・本無作為化比較臨床試験では、関節鏡下手術を受ける予定の患者 82 名を登録し、2 群に分けた。(1)炭水化物を多く含む飲料を摂取した群、(2)深夜に何も摂取しなかった群…
コメント:0

続きを読むread more

心疾患患者と非心疾患患者におけるブピバカインとブトルファノールのクモ膜下投与による血行動態への影響の比較検討

・クモ膜下オピオイドと低用量局所麻酔薬の相乗効果により、低血圧を最小限に抑えた信頼性の高い脊椎麻酔(SA)を実現することが可能である。本研究の目的は、心疾患患者と非心疾患患者において、ブトルファノール 25μg を添加した 0.5% ブピバカイン(2mL)の低用量クモ膜下投与による血行動態効果を比較することである。 ・本研究では、…
コメント:0

続きを読むread more

自発呼吸を伴う非挿管式ビデオ補助胸部手術と挿管式ビデオ補助胸部手術の比較:14 件の無作為化比較試験に基づくメタ分析

・ビデオ補助胸部手術(VATS)では、一般的に全身麻酔下で気管挿管を行う。しかし、どうしても挿管関連の合併症を引き起こし、術後の回復過程を長引かせてしまうことがある。徐々に、非挿管式ビデオ補助胸部手術(NIVATS)が利用されるようになってきた。しかし、その安全性と有効性については議論の余地がある。 ・Cochrane Libra…
コメント:0

続きを読むread more

腹部外科手術を受ける患者の周術期における高濃度酸素吸入が無気肺を誘発する:無作為化比較試験

・著者らは、従来の酸素療法と比較して、低い吸入酸素濃度(FIO2)の使用可能性および術後無気肺や合併症に及ぼす効果を評価した。 ・大学病院単施設の手術室および術後回復室での無作為化臨床試験で、全身麻酔下に腹部手術を受ける年齢 50 歳以上で、ASA-PS I-II Iの患者 190 名を対象として、低 FIO2群(術中:FIO2 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/04/13

【問題1】(産婦人科領域の麻酔) 胎児のモニタリングについて正しい記述はどれか。 ア:早期徐脈は児頭の圧迫による迷走神経反射によるものである。 イ:遅発性徐脈は子宮胎盤循環の悪化を意味する。 ウ:早期徐脈の場合には特別な治療は必要ない。 エ:変動一過性徐脈がみられたら、帝王切開をできるだけ早く行う。     ▼ …
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 に罹患した挿管人工呼吸患者の伏臥位:1000 人以上の患者を対象とした多施設共同研究

・COVID-19 の挿管された人工呼吸器装着患者における伏臥位の使用については、限られたデータしかない。本研究の目的は、2020 年の第 1 次パンデミック波の中で、この集団における伏臥位の使用とその効果を調査することである。 ・2020 年 2 月 24 日から 6 月 14 日に、イタリアの集中治療室(ICU) 24 室で、…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/04/12

【問題1】(麻酔) 患者体位について正しいのはどれか? ア:頚部の屈曲は気管チューブの先端を気管分岐部に近づける。 イ:麻酔と筋弛緩は機能的残気量と全肺気量を増加させる。 ウ:下側肺では換気量が多くなり、血流量が少なくなる。 エ:伏在神経損傷は脛骨内側顆が圧迫されると起こる。 オ:側臥位では必ず腋窩に枕を挿入する。 …
コメント:0

続きを読むread more

肺換気を行っている動物モデルの炎症マーカーに及ぼす低一回換気量 vs 高一回換気量の効果:前向きな研究

・高一回換気量による人工呼吸は、重症患者の肺障害を誘発または悪化させる可能性がある。また、急性肺障害(ALI)、びまん性肺胞損傷(DAD)、多臓器不全(MOF)などの原因となる圧倒的な全身性炎症を引き起こし、その後の高い死亡率につながる可能性もある。本研究の目的は、ビーグル犬の動物モデルにおいて、気管支肺胞洗浄液(BAL)と肺生検の炎症…
コメント:0

続きを読むread more

病院前気管挿管は気管チューブの高いカフ圧と関連している:三次救急医療機関における気管挿管圧の特徴を明らかにするため…

・救急医療サービス(EMS)提供者は、必要に応じて病院到着前に気管チューブ(ETT)を留置するよう訓練されている。気管チューブのカフは、従来、気管内腔に対して適切なシールを行うために 10cc の空気で膨らませていた。しかし、多くの ETT は、20〜30cmH2O という安全な圧力をはるかに超えて膨張させられており、気管壁の虚血、壊死…
コメント:0

続きを読むread more

胸腔鏡手術後の胸部傍脊椎ブロックと胸部硬膜外麻酔の鎮痛効果の比較 メタ分析

・現在までに、胸腔鏡下手術後の胸部硬膜外麻酔(TEA)と胸部傍脊椎ブロック(TPVB)の鎮痛効果と副作用について、決定的なエビデンスはない。本研究では、発表された無作為化臨床試験(RCT)のメタ解析を行い、胸腔鏡手術後の TEA と TPVB の鎮痛効果を解析した。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane library …
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下手術を受ける患者に対する肺保護人工呼吸:無作為化比較試験

・腹腔鏡下手術における気腹やトレンデレンブルグ体位は、術後の肺機能障害の一因となる可能性がある。近年、術中の肺保護人工呼吸(LPV)は、人工呼吸器による肺障害(VILI)を軽減できることが報告されている。著者らの目的は、LPV が腹腔鏡手術における術中の酸素供給機能、肺力学、術後早期無気肺を改善する可能性があるという仮説を検証することで…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/04/08

【問題1】(心臓・血管) ペースメーカ植込患者の麻酔について正しいのはどれか。 ア:術前に固定モードにしておけば安心できる。 イ:最近のペースメーカは電磁障害を感知して自動的に固定モードになる。 ウ:電気メスの使用によりペースメーカ本体の障害を生じることがある。 エ:電気メスを使用することによりミクロショックを起こすこと…
コメント:0

続きを読むread more

アデノイド切除術後の術後出血のリスクファクター

・術後出血はよく見られることであり、生命を脅かす可能性のある合併症である。凝固パラメータのような基本的なものに加えて、危険因子を正確に特定することは確かに非常に望ましいことである。本研究の目的は、小児のアデノイド切除術後の出血に対して考えられる他の危険因子を特定することである。 ・本前向き観察研究では、三次小児耳鼻咽喉科センターに…
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺を用いた術後の脳梗塞の独立予測因子について

・研究の目的は、人工心肺(CPB)を利用した心臓手術における術後の脳梗塞の予測因子を評価することであった。 ・本研究は、単施設(リバプール病院、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)で実施された後ろ向き観察研究で、2016 年 1 月〜 2018 年 12 月に NSW 州リバプール病院で外科的治療を受けた CPB 患者全員を…
コメント:0

続きを読むread more

片側人工膝関節全置換術における関節周囲注射に併用したクモ膜下モルヒネ 0.2mg、0.1mg、無添加を比較した無作…

・人工膝関節全置換術(TKA)時の脊柱管麻酔に術後鎮痛を目的としてクモ膜下モルヒネ(ITM)を追加すると、オピオイド関連の副作用が誘発されることがある。マルチモーダル鎮痛法を含む他の疼痛緩和および副作用軽減法は困難だがやりがいがある。本研究では、関節周囲注射(PI)を用いた初回片側 TKA に対する様々な ITM の投与量の有効性を明ら…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下またはロボット胆嚢摘出術を受ける男性患者の麻酔覚醒時の咳嗽を防ぐために必要なレミフェンタニルの最適効果部位…

・レミフェンタニルの目標制御注入は、全身麻酔からの覚醒時に効果的に咳嗽を抑えることが知られている。しかし、喫煙が覚醒時の咳嗽に及ぼす影響については、いまだに議論の余地がある。本研究では、腹腔鏡下またはロボット胆嚢摘出術を受ける男性患者において、喫煙者と非喫煙者のレミフェンタニルの効果部位濃度(Ce)を調査することを目的とした。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

自然気胸に対するビデオ補助胸腔鏡下手術中の自発呼吸と人工呼吸の比較:無作為化試験

・自発呼吸によるビデオ補助胸部手術(SV-VATS)は、人工呼吸による VATS(MV-VATS)と比較して、術後の回復に優れた、あるいは同等の効果があると報告されている。しかし、SV-VATS によるブレブ摘出術の周術期の安全性は完全には示されていない。 ・年齢 16 歳から 50 歳の原発性自然気胸患者を対象に、SV-VATS…
コメント:0

続きを読むread more

高比重ブピバカインの投与量と母体の低血圧との関連: 脊椎麻酔で帝王切開を受けた 8226名の女性を対象とした後ろ向…

・帝王切開分娩時の脊椎麻酔に低用量(≦8 mg)の高比重ブピバカインを使用すると、有効性が低下するが、副次的な結果として、脊椎麻酔による低血圧の頻度が減少することと関連していた。著者らの主な目的は、帝王切開分娩のための高比重ブピバカインの投与量と脊椎麻酔誘発性低血圧の発生との関係を調査することである。 ・2012 年から 2018…
コメント:0

続きを読むread more

上肢手術における区域麻酔と全身麻酔の患者満足度:非盲式横断的前向き臨床比較観察研究

・医療の質を評価する上で重要なのは、患者の満足度である。しかし、この点について調べた研究はわずかしかない。本研究の主な目的は、上肢手術を受ける患者で区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)の患者満足度を比較することであった。また、両手技間の入院期間と鎮痛持続時間を副次的な目的とした。 ・この横断的研究は、三次医療機関の教育病院で行われた…
コメント:0

続きを読むread more