高比重ブピバカインの投与量と母体の低血圧との関連: 脊椎麻酔で帝王切開を受けた 8226名の女性を対象とした後ろ向…

・帝王切開分娩時の脊椎麻酔に低用量(≦8 mg)の高比重ブピバカインを使用すると、有効性が低下するが、副次的な結果として、脊椎麻酔による低血圧の頻度が減少することと関連していた。著者らの主な目的は、帝王切開分娩のための高比重ブピバカインの投与量と脊椎麻酔誘発性低血圧の発生との関係を調査することである。 ・2012 年から 2018…
コメント:0

続きを読むread more