腹腔鏡下またはロボット胆嚢摘出術を受ける男性患者の麻酔覚醒時の咳嗽を防ぐために必要なレミフェンタニルの最適効果部位…

・レミフェンタニルの目標制御注入は、全身麻酔からの覚醒時に効果的に咳嗽を抑えることが知られている。しかし、喫煙が覚醒時の咳嗽に及ぼす影響については、いまだに議論の余地がある。本研究では、腹腔鏡下またはロボット胆嚢摘出術を受ける男性患者において、喫煙者と非喫煙者のレミフェンタニルの効果部位濃度(Ce)を調査することを目的とした。 ・…
コメント:0

続きを読むread more