病院前気管挿管は気管チューブの高いカフ圧と関連している:三次救急医療機関における気管挿管圧の特徴を明らかにするため…

・救急医療サービス(EMS)提供者は、必要に応じて病院到着前に気管チューブ(ETT)を留置するよう訓練されている。気管チューブのカフは、従来、気管内腔に対して適切なシールを行うために 10cc の空気で膨らませていた。しかし、多くの ETT は、20〜30cmH2O という安全な圧力をはるかに超えて膨張させられており、気管壁の虚血、壊死…
コメント:0

続きを読むread more