肺換気を行っている動物モデルの炎症マーカーに及ぼす低一回換気量 vs 高一回換気量の効果:前向きな研究

・高一回換気量による人工呼吸は、重症患者の肺障害を誘発または悪化させる可能性がある。また、急性肺障害(ALI)、びまん性肺胞損傷(DAD)、多臓器不全(MOF)などの原因となる圧倒的な全身性炎症を引き起こし、その後の高い死亡率につながる可能性もある。本研究の目的は、ビーグル犬の動物モデルにおいて、気管支肺胞洗浄液(BAL)と肺生検の炎症…
コメント:0

続きを読むread more