脳波による麻酔指標に及ぼす年齢の影響について

脳波モニター.png・今後数年間で、全身麻酔を必要とする高齢者の数は増加すると考えられる。年齢は術後せん妄(POD)の独立危険因子であるため、POD の発生率も同様に増加すると考えられる。POD リスクを低減するための 1 つのアプローチは、神経モニタリングを用いて麻酔を調整することにより、過度に高用量麻酔薬の投与を避けることである。そこで本研究では、脳波に基づく様々な麻酔指標に及ぼす患者の年齢の影響を評価した。

・著者らは、180 名の患者(年齢 18〜90 歳、ASAーPS I〜IV)の全身麻酔維持時の単電極 EEG 波形を 5 種類の市販モニタリングシステムに再生し、その指標を評価することで、以前に出版されたデータの分析を行った。対象としたのは、State/Response Entropy、Narcotrend、qCON/qNOX、bispectral index(BIS)、Treaton MGA-06 である。非商業的な比較のために、BIS からスペクトル・エッジ周波数(SEF)を抽出した。年齢の影響を評価するために、線形回帰モデルを作成した。また、各指標間の相関を評価した。

麻酔維持期間中、SEF、State/Response Entropy、qCON/qNOX、BIS 値はすべて、患者の年齢とともに有意に増加した(0.05Hz/0.19-0.26 指標ポイント/年)(p<0.001);一方、Narcotrend は年齢とともに有意に変化しなかった(0.06 指標ポイント/年、p=0.28)。Treaton デバイスの指標値は、年齢とともに有意に低下した(1年あたり -0.09 指標ポイント、p<0.001)。これらの所見は麻酔薬の投与量とは無関係であった。

現在のほとんど全ての神経モニタリング装置は、年齢の影響を受け、麻酔薬の投与量が不適切になる可能性がある。したがって、麻酔科医はこの現象を認識し、次世代のモニターはこの変化を補正する必要がある。

そうか〜、あまり考えたことなかったけど、装置により高齢者では指数が高く出るとか、低く出るとかあるんだな。

【出典】
The influence of age on EEG-based anaesthesia indices
J Clin Anesth. 2021 May 8;73:110325. doi: 10.1016/j.jclinane.2021.110325. Online ahead of print.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント