デキサメサゾンと手術部位感染症

細菌感染.png・グルココルチコイドであるデキサメタゾンは、術後悪心嘔吐を予防するが、手術部位感染のリスクを高めることが懸念されている。

・この実用的な国際非劣性試験では、手術時間が 2 時間以上で、皮膚切開の長さが 5 cm 以上で、術後 1 泊入院する緊急性のない非心臓手術を受ける成人患者 8880 例を、麻酔中にデキサメタゾン 8 mg を静脈内投与する群と、対応したプラセボを投与する群に無作為に割り付けた。無作為化は、糖尿病の状態と試験施設によって層別化した。主要評価項目は、術後 30 日以内の手術部位感染であった。事前に設定した非劣性マージンは 2.0% ポイントであった。

・修正治療企図解析集団に含まれたのは 8725 人(デキサメタゾン群 4372 人、プラセボ群 4353 人)で、そのうち 13.2%(デキサメタゾン群 576人、プラセボ群 572 人)が糖尿病を患っていた。主要解析対象となった 8678 例のうち、手術部位感染は、デキサメタゾン群では 8.1%(4350 例中 354 例)、プラセボ群では 9.1%(4328 例中 394 例)に発生した(糖尿病の状態で調整したリスク差は -0.9% ポイント、95.6% 信頼区間[CI]、-2.1〜0.3、非劣性に関する P<0.001)。表在性、深在性、臓器間の手術部位感染症、および糖尿病患者の結果は、主要解析と同様であった。術後 24 時間以内の悪心嘔吐は、デキサメタゾン群では 42.2%、プラセボ群では 53.9% に発生した(リスク比 0.78、95% CI、0.75〜0.82)。糖尿病のない患者における高血糖イベントは、デキサメタゾン群では 3787 例中 22 例(0.6%)、プラセボ群では 3776 例中 6 例(0.2%)に発生した。

デキサメタゾンは、緊急性のない非心臓手術後 30 日以内の手術部位感染症の発生率に関して、プラセボに対して非劣性であった。

PONV 予防のためのデキサメタゾンでは、手術部位感染を懸念する必要はないようだ。

【出典】
Dexamethasone and Surgical-Site Infection
N Engl J Med. 2021 May 6;384(18):1731-1741. doi: 10.1056/NEJMoa2028982.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント