四肢外科手術における超音波ガイド下神経ブロックと非ガイド下神経ブロックの後ろ向き単施設比較分析

・超音波ガイド下の末梢神経ブロックはますます普及してきているが、末梢神経ブロックに超音波ガイドが必要かどうかは、現時点では議論の余地がある。本研究の目的は、合併症を減少させる上での超音波ガイド下末梢神経ブロックが意義を評価することである。 ・2013 年 1 月から 2019 年 1 月までに、超音波ガイドの有無にかかわらず、末梢…
コメント:0

続きを読むread more

米国麻酔科学会の身体状況(ASA-PS)分類は、外来手術後の内科的合併症と死亡率の信頼できる予測因子である:ACS…

・現在、外科手術の 70% は外来で行われている。米国麻酔科学会の身体状況(ASA-PS)分類によるリスク予測能力は、入院患者の手術では評価されているが、外来手術での評価はまだ行われていない。今回の研究の主な目的は、ASA 分類が外来手術の罹患率と死亡率の独立予測因子であるかどうかを明らかにすることである。 ・2005 年から 2…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 による ARDSにおける早期の短期的コルチコステロイド治療の役割:単施設での後ろ向き解析

・重症コロナウイルス病 2019(COVID-19)は、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を頻繁に発症する間質性肺炎と強く関連している。これらの患者におけるコルチコステロイド(CS)治療の役割はまだ議論の余地がある。いくつかの研究では、重症肺炎の治療において、早期に短期の副腎皮質ホルモン治療を行うことが可能であることを示している。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

胃内容物の肺への誤嚥:クローズドクレーム分析

・周術期の胃内容物の誤嚥は、重篤な罹患率や死亡率と関連している。本研究の第一の目的は、麻酔のクローズド・クレイム・プロジェクトにおける胃内容物誤嚥の請求に関連する転帰、患者および診療の危険因子を特定することであった。副次的な目的は、これらの請求を診療過程の適切性について評価することであった。仮説は、これらのデータが、周術期誤嚥のリスクま…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/28

【問題1】(呼吸) 呼吸化学調節系について誤っているのはどれか。 ア:二酸化炭素に対する換気応答はCO2換気応答曲線を求めて解析する。CO2換気応答は主に中枢化学受容器の感受性を反映する。 イ:低酸素に対する換気応答は低酸素換気応答曲線から解析する。低酸素換気応答は主に末梢化学受容器の感受性を反映する。 ウ:多くの麻酔薬は…
コメント:0

続きを読むread more

外科的修復を受ける股関節骨折患者の術前硬膜外鎮痛後の周術期成績:系統的レビュー

・研究の目的は、外科的修復を受ける股関節骨折患者に対する術前の硬膜外鎮痛の有効性と安全性を検討することであった。 ・系統的レビューのデザインで、研究プロトコールを PROSPERO systematic reviews register に登録した。電子データベースを用いて、股関節骨折患者の術前の硬膜外鎮痛を他の疼痛管理と比較した…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔時の聴覚刺激の知覚とその患者の転帰への影響:系統的レビューとメタ分析

・周術期の音楽が有益な効果をもたらすことが報告されていることから、全身麻酔時の潜在記憶形成や無意識の聴覚刺激の知覚に関する関心が再燃している。著者らは、全身麻酔時の顕在記憶と潜在記憶形成と、患者の術後転帰や回復に及ぼす影響を評価した無作為化対照試験(RCT)の系統的レビューとメタ分析を行った。 ・Embase、Ovid Medli…
コメント:0

続きを読むread more

トレンデレンブルグ位での腫瘍患者の腹腔鏡下手術後の脊椎麻酔とせん妄:無作為化比較試験

・せん妄は、術後の最もよく見られる神経学的合併症であり、その発生率は様々である。腹腔鏡手術は、トレンデレンブルグ体位を伴う場合、無数の生理的変化を引き起こし、神経認知的変化のリスクを高める。全身麻酔に脊椎ブロックを併用することで、麻酔維持に使用する麻酔薬を低用量にすることができ、術後疼痛のコントロールが容易になる。本研究では、腫瘍患者の…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/25

【問題1】(心臓・血管) 超音波診断装置について正しいのはどれか。 ア:電子コンベックス走査方式は、腹部検査に最も適している。 イ:複数の波の相互作用による影響を波の干渉と呼ぶ。 ウ:電子リニア走査方式は、体表臓器や血管検査に用いられている。 エ:音響陰影とは、超音波が音響インピーダンスの大きい物にほとんど反射されるため…
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査および気管挿管時のストレス反応を抑制するデキスメデトミジンとフェンタニルボーラスの比較:無作為化二重盲式…

・喉頭鏡検査と気管挿管は、交感神経系の反応を引き起こす。この反応を抑制するために、デキスメデトミジンとフェンタニルボーラスの有効性を比較した。 ・全身麻酔下で待機的外科手術を受けるために入院した患者 100 名を、この二重盲式無作為化比較試験に登録した。患者は無作為に 2 群に分けられた。F 群にはフェンタニル 2 μg./kg、…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の非心臓手術後の覚醒時せん妄発生に栄養不良は関係しない

・せん妄は高齢の手術患者によく見られる合併症の 1 つである。これまでの研究では、術前の栄養失調が術後せん妄(POD)と関連することが報告されていたが、栄養失調と覚醒時せん妄(ED)の関係を示すエビデンスは不足していた。本研究の目的は、非心臓手術を受ける高齢者において、術前の栄養不良と覚醒時せん妄(ED)の関係を調査することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術後の術前貧血と心筋梗塞:後ろ向き研究

・術前の貧血は非心臓手術の有害転帰と関連しているが、非心臓手術後の心筋傷害(MINS)との関連性は十分に検討されていない。本研究の目的は、術前の貧血と MINS との関連を調査することである。。 ・三次医療機関単施設での後ろ向きコホート研究で、対象患者は、非心臓術後に心筋トロポニン(cTn)I 値が測定された患者。患者は術前の貧血…
コメント:0

続きを読むread more

マノメーターがない場合、受動的開放法は、手動による触診や最小閉塞容積法よりも、最も正確な気管チューブカフ圧をもたらす

・本研究は、手指による触診(MP)、受動的開放法(PR)、最小閉塞容積(MOV)法の気管チューブ(ETT)カフ圧の精度を比較することを目的とした。 ・本研究は単純無作為化による真の実験である。本研究の対象は 105 名の患者で、3 群に分けた。MP 群(n=35)、PR 群(n=35)、MOV 群(n=35)。挿管後、ETT カフ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/21

■ これって常識? ■糖尿病患者で消化器症状をみたら,糖尿病性ケトアシドーシスを見逃すな! <症例> 47歳で1型糖尿病と診断,インスリン治療中の70歳女性. 1週間前より微熱,鼻汁,倦怠感など感冒様症状あり,受診当日早朝,胸部不快感,嘔気,嘔吐,腹痛あり,受診した. →糖尿病性ケトアシドーシスを疑い,血糖,尿糖,尿ケトンを…
コメント:0

続きを読むread more

小児の腹腔鏡手術中の内臓酸素化に及ぼす気腹部影響:前向き観察研究

・気腹は内臓の血流障害を引き起こす可能性がある。本研究では、小児患者の腹腔鏡手術中に気腹が内臓の酸素化に及ぼす影響をNIRS(近赤外分光法)を用いて調査することを目的とした。 ・全身麻酔下で腹部腹腔鏡手術を受ける予定の ASAーPS I-II の年齢 1 歳から 4 歳の患者 45 名を本前向き観察手術に登録した。前投薬は使用しな…
コメント:0

続きを読むread more

困難気道における挿管用カテーテルとビデオ喉頭鏡の挿管成功率の比較:前向き無作為化試験

・困難気道管理については、すでにいくつかのデバイスやアルゴリズムが検討され、比較されている。しかし、挿管が困難な患者において、挿管カテーテル(IC)とビデオ喉頭鏡(VL)の成功率を比較した既存の研究はない。著者らは、Frova IC と McGrath VL を、挿管困難な患者における挿管成功率の観点から比較することを目的とした。 …
コメント:0

続きを読むread more

婦人科領域の腹腔鏡検査を受ける患者の術後疼痛に対する局所麻酔薬の効果:無作為化試験の系統的レビューとメタ分析

・痛みは依然として婦人科腹腔鏡検査後のよく見られる合併症である。局所麻酔の使用は、術後痛の軽減に有効であると考えられる。著者らは、局所麻酔薬が腹腔鏡下婦人科手技の術後疼痛を減少させるかどうかを評価するために、系統的レビューとメタ分析を行った。 ・MeSH とフリーテキストを併用して、Cumulative Index to Nurs…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の 5% リドカインパッチの鎮痛効果:無作為化偽薬対照二重盲式臨床試験

・本試験は、帝王切開後の急性術後疼痛に対する 5% リドカインパッチの鎮痛効果を評価することを目的とした。本試験は、前向き無作為化二重盲式試験である。 ・手術後、手術室で活性パッチとプラセボパッチを貼り、患者は術後回復室と病棟での在院期間中に評価された。患者は 脊椎麻酔で帝王切開を予定している女性 72 名(年齢 18 歳以上、A…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/17

【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.1p82 (呼吸器系)『腸重積の導入中にチアノーゼ』 生後6ヵ月の腸重積の小児に、注腸造影下整復術のためレントゲン室での全身麻酔を依頼された当直の研修医は、ハロセンによる緩徐導入を行ったが、その最中に嘔吐し、みるみるうちに全身にチアノーゼが拡がった....... 反省点:慣れたス…
コメント:0

続きを読むread more

脳波による麻酔指標に及ぼす年齢の影響について

・今後数年間で、全身麻酔を必要とする高齢者の数は増加すると考えられる。年齢は術後せん妄(POD)の独立危険因子であるため、POD の発生率も同様に増加すると考えられる。POD リスクを低減するための 1 つのアプローチは、神経モニタリングを用いて麻酔を調整することにより、過度に高用量麻酔薬の投与を避けることである。そこで本研究では、脳波…
コメント:0

続きを読むread more

末梢神経ブロック補助薬としてのデキスメデトミジンの神経周囲投与と静脈内投与の有効性:系統的レビュー

・デキスメデトミジンは末梢神経ブロックの有効な局所麻酔薬の補助剤である。デキスメデトミジンの静脈内投与は、神経周囲投与と同等の効果があると示唆されているが、比較のエビデンスは相反するものである。このエビデンスベースのレビューでは、成人手術患者における末梢神経ブロックの特性に及ぼすデキスメデトミジンの静脈内投与と神経周囲投与の効果を比較し…
コメント:0

続きを読むread more

重症 COVID-19 患者における BMIと肺炎の転帰:国際多施設共同研究

・これまでの研究で、COVID-19 肺炎の重症度と肥満の関係が明らかになった。今回の多施設共同後ろ向きコホート研究の目的は、COVID-19 の重症患者において、BMI と関連する代謝危険因子(糖尿病、高血圧、高脂血症、現在の喫煙)との関連を明らかにすることである。 ・本多施設共同後ろ向きコホート研究では、2020 年 02 月…
コメント:0

続きを読むread more

足関節骨折手術における脊椎麻酔と全身麻酔の術後オピオイド消費量の差-後ろ向きコホート研究

・足関節骨折の外科的治療は大きな痛みを伴い、術後オピオイド消費量が多い。麻酔法は術後早期の痛みに影響を与える可能性がある。本研究の主な目的は、足関節骨折手術後の術後オピオイド消費量を、脊椎麻酔で治療を受けた患者と全身麻酔で治療を受けた患者とで比較することであった。 ・2014 年から 2016 年までに足関節部部骨折を外科的に治療…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/13

【問題1】(代謝) 周術期の肝障害について正しいものはどれか? ア:肝腎症候群ではクレアチニン比(尿中/血中)>10である。 イ:AST、ALTの血中濃度は腎機能や胆道系機能の変化に影響を受ける。 ウ:肝硬変患者では、動静脈の酸素含量格差が増加している。 エ:非抱合型ビリルビンの増加は、赤血球や赤血球前駆細胞の寿命の変化…
コメント:0

続きを読むread more

セボフルランによる全身麻酔の吸入導入時の不整脈発生率と関連因子:成人患者 950 名を対象とした後ろ向き分析

・セボフルランは、気道管理や血行動態の安定性に適しているため、成人の麻酔導入に用いられている。成人のセボフルランによる吸入導入時の不整脈を報告した研究は少ない。ここでは、成人のセボフルランによる麻酔導入時の不整脈の発生率とその発生に関連する危険因子について検討した。 ・2015 年 5 月〜 12 月にセボフルランを用いた吸入導入…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/12

■ これって常識? ■慢性糸球体腎炎をみたら,まずIgA腎症を鑑別せよ! 1)IgA腎症は,わが国で最も多い原発性糸球体腎炎で,IgAがおもにメサンギウムに沈着するメサンギウム増殖性糸球体腎炎である. 2)初期は持続的顕微鏡的血尿だけで,徐々に蛋白尿が増加する例が多い.過半数は持続的血尿,蛋白尿にとどまるが,20〜40%の例で…
コメント:0

続きを読むread more

気管手術における気道確保のためのラリンジアルマスクと気管チューブの比較:症例対照マッチング分析と最新文献のレビュー

・気管チューブ(ETT)とラリンジアルマスクエアウェイ(LMA)は、気管および喉頭気管の狭窄に対する気管切除および再建時の気道管理に考慮される戦略である。本研究の目的は、LMA 群と ETT 群の転帰を分析・比較することである。 ・2003 年から 2020 年までに、挿管後、気管切開後、あるいは特発性に狭窄を生じ、頸部切開を介し…
コメント:0

続きを読むread more

デキサメサゾンと手術部位感染症

・グルココルチコイドであるデキサメタゾンは、術後悪心嘔吐を予防するが、手術部位感染のリスクを高めることが懸念されている。 ・この実用的な国際非劣性試験では、手術時間が 2 時間以上で、皮膚切開の長さが 5 cm 以上で、術後 1 泊入院する緊急性のない非心臓手術を受ける成人患者 8880 例を、麻酔中にデキサメタゾン 8 mg を…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/10

【問題1】(出血と輸血) 正しいのはどれか? ア:交差適合試験省略時の遅発性溶血は輸血数時間後から3週間後まで発生する可能性がある。 イ:RHマイナスの比率は海外では1.5〜2%程度が一般的である。 ウ:手術室で発生する心停止の最大の原因は出血である。 エ:回収式自己血輸血は赤血球の約80%を回収可能である。 オ:出血…
コメント:0

続きを読むread more

緊急手術を受ける高齢者の肥満パラドックス:全国規模での分析

・肥満は長い間、外科手術における術後の有害事象の危険因子と考えられてきた。著者らは、リスクの高い緊急一般外科手術(EGS)を受ける高齢患者の臨床転帰に及ぼす肥満度(BMI)の影響を調査しようとした。 ・2007 〜 2016 年の ACS-NSQIP データベースに登録されている年齢 65 歳以上の EGS 患者全員を対象とし、変…
コメント:0

続きを読むread more

成人におけるセボフルランを用いた深呼吸急速吸入導入と通常呼吸導入法の比較:前向きコホート研究

・深呼吸急速吸入導入(VCRII)は、従来の漸増法と比較して、興奮現象の発生を抑えつつ、目的の最小肺胞濃度をより早く達成できる。本研究では、深呼吸急速吸入導入が従来の通常呼吸(TV)法と比較して、成人の麻酔導入をより早く達成できるかどうかを調査することを目的とした。 ・2017 年 7 月 1 日に承認番号 AIMSIEC/07/…
コメント:0

続きを読むread more

高齢の外科手術患者における Hospital Frailty Risk Score の検証:地域住民ベースの後ろ向…

・フレイル・リスクを標準化し、費用対効果の高い方法で特定することが求められている。本研究の目的は、高齢の外科手術患者のコホートにおいて、国際分類診断を利用した Hospital Frailty Risk Score を検証し、有害転帰の独立したリスク因子としてのスコアを評価し、フレイル・リスク・スコアの識別特性を他のリスク層別化スコアと…
コメント:0

続きを読むread more

小児の経鼻気管チューブの長さを推定するための 4 つの計算式の比較: 観察研究

・気管挿管が正しく行われると、換気が良くなり、低酸素状態やそれによる脳障害などの合併症を防ぎ、再挿管の試みを最小限に抑えることができる。これまでに、経鼻気管挿管チューブの長さを推定するためのいくつかの公式が発表されている。本研究では、チューブの挿入距離をより正確に推定する公式を見い出すために、提案されたさまざまな公式の精度を比較すること…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/06

【問題1】(体液・電解質) 電解質について正しいのはどれか? ア:アジソン病で見られる低ナトリウム血症では細胞外液は過剰である。 イ:重曹の過剰投与で見られる高ナトリウム血症では、ナトリウムは過剰である。 ウ:経尿道的前立腺切除術では、灌流液の吸収により低ナトリウム血症をきたすことがある。 エ:うっ血性心不全で見られる低…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下での帝王切開分娩後の臍帯動脈血 pH の関連因子:後ろ向きコホート研究

・血圧の最大低下と低血圧の持続時間(分)は、臍動脈血 pH と独立して関連していた。しかし、持続時間を考慮した場合の低血圧の臍動脈血 pH への影響は不明である。 ・2017 年 1 月〜 2019 年 3 月に単回の脊椎麻酔で帝王切開分娩で満期出産した年齢 20 歳以上の妊婦を対象とした。主要評価項目は、低血圧の時間積分値に基づ…
コメント:0

続きを読むread more

上肢手術時の腕神経叢ブロックにおけるブピバカインの補助薬としてのデキスメデトミジンとスフェンタニルの比較:無作為化…

・腕神経叢ブロック(BPB)は、上肢手術における全身麻酔の確実な代替手段として受け入れられている。デキスメデトミジンやスフェンタニルなどの補助薬を加えることで、臨床的にも薬理学的にも利点があることがわかっている。今回の無作為化並行臨床試験では、BPB におけるブパバカインに対するこれら 2 種類の補助薬の効果を比較することを目的とした。…
コメント:0

続きを読むread more

三次医療大学病院の急性疼痛部門で記録された区域麻酔の主な合併症の評価:後ろ向きコホート

・区域麻酔はますます使用されている。合併症の発生率は低いものの、関連する罹患率と関連している。本研究では、脊柱管ブロックおよび末梢神経ブロック後の合併症の発生率を評価することを目的とした。 ・後ろ向きコホート研究を実施し、2011 年 1 月 1 日から 2017 年 12 月 31 日までに三次大学病院で脊柱管ブロックおよび末…
コメント:0

続きを読むread more

硫酸マグネシウムは女性の帝王切開術の術後疼痛を軽減する:無作為化比較試験のメタ分析

・帝王切開(CS)分娩のさまざまな麻酔レジメンにおける補助薬としての硫酸マグネシウム(MgSO4)の使用は、しばしば矛盾した結果を報告している。本研究では、CS 後の術後鎮痛改善に対する硫酸マグネシウムの有効性を系統的に検討することを目的とした。 ・PubMed、Embase、Cochrane library を対象に、創始から …
コメント:0

続きを読むread more

小児用 MicroCuff 気管チューブのカフ内圧上昇に対する生食と空気の効果:無作為化比較試験

・小児麻酔では、カフ付き気管チューブの使用が一般的になってきている。麻酔に亜酸素化窒素を使用すると、術中に亜酸素化窒素がカフ内に拡散するため、気管チューブのカフ圧が過度に高くなる危険性がある。この単施設の前向き無作為化対照試験の目的は、亜酸素化窒素によるバランス麻酔を受ける小児で、術中のカフ圧過剰の発生率に及ぼす効果を、気管チューブカフ…
コメント:0

続きを読むread more