小児用 MicroCuff 気管チューブのカフ内圧上昇に対する生食と空気の効果:無作為化比較試験

・小児麻酔では、カフ付き気管チューブの使用が一般的になってきている。麻酔に亜酸素化窒素を使用すると、術中に亜酸素化窒素がカフ内に拡散するため、気管チューブのカフ圧が過度に高くなる危険性がある。この単施設の前向き無作為化対照試験の目的は、亜酸素化窒素によるバランス麻酔を受ける小児で、術中のカフ圧過剰の発生率に及ぼす効果を、気管チューブカフ…
コメント:0

続きを読むread more