三次医療大学病院の急性疼痛部門で記録された区域麻酔の主な合併症の評価:後ろ向きコホート

・区域麻酔はますます使用されている。合併症の発生率は低いものの、関連する罹患率と関連している。本研究では、脊柱管ブロックおよび末梢神経ブロック後の合併症の発生率を評価することを目的とした。 ・後ろ向きコホート研究を実施し、2011 年 1 月 1 日から 2017 年 12 月 31 日までに三次大学病院で脊柱管ブロックおよび末…
コメント:0

続きを読むread more