足関節骨折手術における脊椎麻酔と全身麻酔の術後オピオイド消費量の差-後ろ向きコホート研究

・足関節骨折の外科的治療は大きな痛みを伴い、術後オピオイド消費量が多い。麻酔法は術後早期の痛みに影響を与える可能性がある。本研究の主な目的は、足関節骨折手術後の術後オピオイド消費量を、脊椎麻酔で治療を受けた患者と全身麻酔で治療を受けた患者とで比較することであった。 ・2014 年から 2016 年までに足関節部部骨折を外科的に治療…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/13

【問題1】(代謝) 周術期の肝障害について正しいものはどれか? ア:肝腎症候群ではクレアチニン比(尿中/血中)>10である。 イ:AST、ALTの血中濃度は腎機能や胆道系機能の変化に影響を受ける。 ウ:肝硬変患者では、動静脈の酸素含量格差が増加している。 エ:非抱合型ビリルビンの増加は、赤血球や赤血球前駆細胞の寿命の変化…
コメント:0

続きを読むread more