脳波による麻酔指標に及ぼす年齢の影響について

・今後数年間で、全身麻酔を必要とする高齢者の数は増加すると考えられる。年齢は術後せん妄(POD)の独立危険因子であるため、POD の発生率も同様に増加すると考えられる。POD リスクを低減するための 1 つのアプローチは、神経モニタリングを用いて麻酔を調整することにより、過度に高用量麻酔薬の投与を避けることである。そこで本研究では、脳波…
コメント:0

続きを読むread more