マノメーターがない場合、受動的開放法は、手動による触診や最小閉塞容積法よりも、最も正確な気管チューブカフ圧をもたらす

・本研究は、手指による触診(MP)、受動的開放法(PR)、最小閉塞容積(MOV)法の気管チューブ(ETT)カフ圧の精度を比較することを目的とした。 ・本研究は単純無作為化による真の実験である。本研究の対象は 105 名の患者で、3 群に分けた。MP 群(n=35)、PR 群(n=35)、MOV 群(n=35)。挿管後、ETT カフ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/05/21

■ これって常識? ■糖尿病患者で消化器症状をみたら,糖尿病性ケトアシドーシスを見逃すな! <症例> 47歳で1型糖尿病と診断,インスリン治療中の70歳女性. 1週間前より微熱,鼻汁,倦怠感など感冒様症状あり,受診当日早朝,胸部不快感,嘔気,嘔吐,腹痛あり,受診した. →糖尿病性ケトアシドーシスを疑い,血糖,尿糖,尿ケトンを…
コメント:0

続きを読むread more