COVID-19 による ARDSにおける早期の短期的コルチコステロイド治療の役割:単施設での後ろ向き解析

・重症コロナウイルス病 2019(COVID-19)は、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を頻繁に発症する間質性肺炎と強く関連している。これらの患者におけるコルチコステロイド(CS)治療の役割はまだ議論の余地がある。いくつかの研究では、重症肺炎の治療において、早期に短期の副腎皮質ホルモン治療を行うことが可能であることを示している。 ・…
コメント:0

続きを読むread more