橈骨遠位端骨折の治療における区域麻酔と全身麻酔の合併症について

・橈骨遠位端骨折(DRF)の治療には、観血的整復術と内固定術(Open Reduction and Internal Fixation:ORIF)が一般的に行われている。橈骨遠位端骨折の手術では、全身麻酔(GA)が一般的であるが、最近の研究では区域麻酔(RA)の使用も有望視されている。本研究では、DRF の ORIF に RA を使用し…
コメント:0

続きを読むread more