上腹部腹腔鏡下手術における深い筋弛緩と中程度の筋弛緩の手術条件を複数の評価で比較し、術後の回復の質を検討する

・研究の目的は、気腹時の複数の評価を通じて、深い筋弛緩(NMB)が術野状態に与える影響を明らかにし、術中の NMB の深さが術後の回復の質に与える影響を複数の期間にわたって評価することであった。 ・大学病院の手術室での前向き無作為化試験で、対象者は 80 名の非病的肥満患者(ASA-PS 1-2)で、逆トレンデレンブルグ位で腹腔鏡…
コメント:0

続きを読むread more