腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後嘔吐は術中の輸液投与と関連する:後ろ向きコホート研究

・術後嘔吐(POV)の潜在的な危険因子は、日常の麻酔診療において重要である。POV に関連する危険因子を明らかにするため、2018 年 1 月から 12 月にセボフルランによる全身麻酔で予定された単純腹腔鏡下胆嚢摘出術を受けた成人患者 553 例を後ろ向きに検討した。 ・POV をきたした患者は、女性が多く、体重が少なく、ASA-…
コメント:0

続きを読むread more