待機的手術患者の喉頭検査および気管挿管に対する心血管反応を抑制するための硫酸マグネシウムとリドカインの静脈内投与の…

・喉頭鏡検査と気管挿管は全身麻酔の必須要素である。しかし、それは常に反射性心血管反応と呼ばれる副作用を伴う。リドカインの静脈内投与、深い吸入麻酔、血管拡張剤、硫酸マグネシウムの静脈内投与など、これらの反応を抑制するための方法は数多く確認されているが、その治療効果についてはまだ十分に検討されていない。 ・年齢 18〜60 歳の成人患…
コメント:0

続きを読むread more