喉頭鏡検査困難を予測する上で、異なる気道評価検査を比較した研究:老年期患者を対象とした前向き研究

・老年期の患者を対象に、さまざまな気道予測テストの診断精度を比較した研究は限られている。本研究では、老年期患者の喉頭鏡検査困難を予測するために、修正 Mallampat iテスト、甲状頤間距離(TMD)、胸骨頤間距離、頚部可動性(NM)、開口度(MO)、歯列などの「標準的な気道予測因子」と、上口唇噛み合わせテスト(ULBT)、身長/甲状…
コメント:0

続きを読むread more