術中および術前の在宅夜間心拍数の関係: 前向き観察研究の二次解析

・何が生理学的に意義のある術中徐脈に寄与する要因が何であるかは未だに不明である。術中徐脈は通常、絶対的な心拍数の閾値を用いて定義され、術前のベースライン心拍数は無視されている。これに対し、著者らは術中徐脈を術前の在宅夜間心拍数と相対的に定義することを考えた。具体的には、個人の術中心拍数の平均値は、術前の在宅夜間心拍数の平均値よりも低いと…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/06/16

【問題1】(中枢神経) 頭蓋内圧亢進患者の麻酔について正しいのはどれか? ア:動脈血酸素分圧が50mmHg以下になると脳血流量は大幅に増加する。 イ:軽度低体温(およそ35度)は脳酸素消費量を下げ脳損傷に対して有用である。 ウ:頭蓋内圧亢進患者には低張晶質液の投与が好ましい。 エ:過換気による頭蓋内圧低下効果は24〜48…
コメント:0

続きを読むread more