ネオスチグミンまたはスガマデクスによる残存筋弛緩の拮抗と術後肺合併症:高リスク高齢者を対象とした前向き無作為化二重…

・筋弛緩の残存は、後ろ向き研究では、術後肺合併症のリスク増加と関連している。本研究の目的は、高リスクの高齢患者において、スガマデクス(SUG)またはネオスチグミン(NEO)のいずれかで拮抗した後の術後肺合併症の発生率を前向きに調査することである。 ・著者らは、重症合併症があり(ASAーPS 3)、年齢 75 歳以上の高齢者 180…
コメント:0

続きを読むread more