60 歳以上の男性における内視鏡下鼻腔手術の全身麻酔後の術後尿閉:後ろ向き研究

・術後尿閉(POUR)は多くの要因に影響され、その報告された発生率は大きく異なる。本研究では、年齢 60 歳以上の男性患者を対象に、内視鏡的鼻腔手術の全身麻酔後の尿閉の発生と危険因子を調査することを目的とした。 ・2015 年 1 月から 2019 年 12 月までの診療記録の後ろ向きレビューにより、253 名の患者を本研究の対象…
コメント:0

続きを読むread more

ヒスタミン H1受容体拮抗薬ヒドロキシジンはセボフルランとプロポフォールの麻酔を増強する:定量的脳波検査による検討

・本研究の目的は、セボフルラン麻酔時およびプロポフォール麻酔時の脳波に及ぼすヒドロキシジンの麻酔促進効果を明らかにすることである。 ・セボフルラン麻酔(n=20)またはプロポフォール麻酔(n=20)で待機手術を予定している 40 人の患者を分析した。麻酔は BIS 値が 50〜60 になるように調整した後、ヒドロキシジン 0.5m…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の女性におけるフェンタニル硬膜外投与量差による立位安定性の比較:前向き試験

・本研究の目的は、待機的帝王切開分娩を行った患者の歩行に対する硬膜外フェンタニル+局所麻酔薬の異なる用量の安全性と有効性を明らかにすることであった。 ・単一地域病院で行われた前向き研究で、姿勢図検査を用いて動揺域を算出し、立位安定性を評価した。2.5mcg/mL(第 1 群、n=8)か、または 5mcg/mL のフェンタニル(第 …
コメント:0

続きを読むread more

肥満症手術を予定している患者集団における初回気管挿管試行の失敗リスクの多変量解析

・肥満症手術を受ける患者への麻酔管理中の気道管理は困難である。挿管試行回数が多いほど合併症のリスクが高まるため、複数回の挿管試行を避けることが目標となる。本研究の目的は、肥満症手術を受ける患者の初回挿管失敗率と、この失敗に関連する変数を明らかにすることである。 ・肥満症手術を予定している患者を対象とした前向き観察型の単施設研究であ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/28

【問題1】(呼吸) 気道管理について正しいのはどれか? ア:喉頭は5つの軟骨から構成される。 イ:「呼吸数>35回/分」は、気管挿管の客観的基準のひとつである。 ウ:声帯の唯一の外転筋は、輪状甲状筋である。 エ:上喉頭神経は反回神経の分枝である。 オ:巨舌は気道管理を困難にする。     ▼     ▼…
コメント:0

続きを読むread more

妊娠期間中のセボフルラン投与がラット子孫の脳発達に及ぼす影響について

・本研究では、妊娠の異なる段階でのセボフルラン曝露が子孫の脳の発達に及ぼす影響を調査した。 ・妊娠中の SD ラット 36 匹を、コントロール、妊娠初期(S1)のセボフルラン曝露、妊娠中期(S2)のセボフルラン曝露、妊娠後期(S3)のセボフルラン曝露の 4 群に無作為に分けた。自然分娩後、子ラットの学習・記憶能力を Morris …
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受ける成人患者の回復の質に対する静脈麻酔と吸入麻酔の維持の比較:メタ分析と試験逐次解析を伴う系統的レビ…

・全身麻酔では静脈麻酔剤と吸入麻酔剤がよく使われる。しかし、術後回復の質を考えると、どちらの手技が優れているかはまだ議論の余地がある。このメタ分析は、非心臓手術を受ける患者の回復の質に、全静脈麻酔(TIVA)と吸入麻酔による維持が与える影響を比較することを目的としたものである。 ・EMBASE、PubMed、Cochrane li…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔と全身麻酔:経尿道的前立腺切除術後の 30 日死亡率の比較

・本研究の目的は、経尿道的前立腺切除術(TURP)において、脊柱管麻酔(NAX)または全身麻酔(GA)を受けた患者のコホートにおいて、30 日死亡率およびその他の術式に関連する罹患率の発生を検討することである。歴史的に、TURP を受ける患者には、意識のモニタリングと希釈性低ナトリウム血症の早期診断を可能にする NAX が推奨されてきた…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎手術中の運動誘発電位(MEP)のベースラインモニター性に対する吸入麻酔薬の影響:22,755 件の頸椎および腰…

・脊椎手術の際、運動誘発電位(MEP)は、脊髄機能と脊髄神経根・神経叢機能の両方をモニターするためにしばしば使用される。脊髄機能をモニターするための MEP の信頼性に及ぼす麻酔薬の影響を評価した報告はあるが、脊髄神経根や神経叢機能をモニターするための MEP の能力に及ぼす麻酔薬の影響についてはあまり知られていない。本研究の目的は、頸…
コメント:0

続きを読むread more

成人における全身麻酔後のフェンタニル誘発性咳嗽の危険因子:中国の単施設における後ろ向き研究

・全身麻酔導入時のフェンタニル誘発性咳嗽(FIC)と術後悪心嘔吐はよく見られる合併症であるが、FIC の危険因子については依然として議論がある。本研究は、中国の単施設で行われ、成人の全身麻酔後のフェンタニル誘発性咳嗽の危険因子を調査することを目的とした。 ・待機手術を受ける成人患者 601 名を登録し、全身麻酔導入時の FIC の…
コメント:0

続きを読むread more

脳波ガイド下での麻酔管理が 1年後の死亡率に及ぼす影響:無作為化臨床試験の 1年後の追跡調査

・術中の脳波抑制時間は、術後せん妄や死亡率と関連している。EEG 抑制を回避するための麻酔調節を検証した臨床試験では、介入によって術後せん妄の発生率は低下しなかったが、30 日後の死亡率の低下と関連していた。本研究では、脳波導入による麻酔介入が引き続き 1 年後の死亡率低下と関連しているかどうかを評価した。 ・本論文では、単施設で…
コメント:0

続きを読むread more

低カフ圧の Ambu AuraGain、高カフ圧の Ambu AuraGain、および i-gel の術後上気道合…

・術後の上気道合併症は、声門上気道器具(SAD)の使用で頻繁に遭遇する。カフ圧は、SAD による上気道合併症の危険因子の一つである。SAD の中でも、i-gel は発生率が低いことがわかっている。カフ圧の差が術後上気道合併症の発生率に及ぼす影響は、Ambu AuraGain では知られておらず、この点で Ambu AuraGain と …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/21

■ これって常識? ■下垂体性甲状腺機能低下症には,まずグルココルチコイド,その後に甲状腺ホルモン剤を投与せよ! 1)甲状腺機能低下症には,橋本病に代表される原発性甲状腺機能低下症と視床下部下垂体系の低下による二次性甲状腺機能低下症がある. 2)甲状腺ホルモン低下(T3,T4)と甲状腺刺激ホルモン(TSH)低下をみた場合,TS…
コメント:0

続きを読むread more

米国における非心臓手術時の全身麻酔維持のためのプロポフォール(ディプリバン)と吸入麻酔薬の費用対効果について

・術後悪心嘔吐(PONV)の発生率を減少させるためにプロポフォールによる全静脈麻酔(TIVA)を使用することが費用対効果に優れているかどうかは不明である。著者らは、米国の医療システムに関連する外来および入院患者の成人患者を対象に、プロポフォール TIVA と吸入麻酔の経済的影響を評価した。 ・2 つのモデルで、米国成人手術患者を対…
コメント:0

続きを読むread more

子宮鏡検査後の短期的な痛みに対するリドカイン静脈内投与の効果:無作為化臨床試験

・内視鏡手術におけるリドカイン静注の役割は、これまでに痛みの軽減と回復について評価されてきた。最近では、内視鏡的粘膜下層剥離術を受ける患者の術後疼痛とオピオイドを軽減することが示されている。内視鏡的粘膜下層剥離術と同様に、子宮鏡下手術も自然腔内で行う内視鏡手術である。本研究は無作為化臨床試験で、子宮鏡下手術を受ける患者にリドカインを静注…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/19

【問題1】(心臓・血管) 超音波診断装置について正しいのはどれか。 ア:電子コンベックス走査方式は、腹部検査に最も適している。 イ:複数の波の相互作用による影響を波の干渉と呼ぶ。 ウ:電子リニア走査方式は、体表臓器や血管検査に用いられている。 エ:音響陰影とは、超音波が音響インピーダンスの大きい物にほとんど反射されるため…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術を 36 時間以内に行うと、30 日および 1 年後死亡率が低下する

・現在、アイルランドの股関節骨折基準[IHFS]では、入院後 48 時間以内の手術猶予時間[TTS]を推奨している。本研究の目的は、TTS と 30 日または 1 年後の死亡率との間に統計的に有意な関係があるかどうかを調べ、手術までの時間を 48 時間とすることが依然として最も適切な推奨であるかどうかを評価することである。 ・本研…
コメント:0

続きを読むread more

急性期手術患者における術中の末梢灌流指標と術後の罹患率および死亡率との関連性:後ろ向き観察に基づく多施設コホート研究

・著者らは、急性期のハイリスク手術患者において、術中の末梢灌流指標(PPI)が低いと、術後合併症や死亡率のリスクが高いことを示すという仮説を立てた。 ・本後ろ向き観察研究では、デンマークの大学病院 2 施設において、2017 年 11 月から 2018 年 10 月までの急性期ハイリスク手術患者 1338 例を対象とした。術中 P…
コメント:0

続きを読むread more

空腹の肥満患者における胃超音波による胃残留量の評価: 比較研究

・胃超音波は、胃の内容物と容積を術前に評価するための新しいツールである。本研究の目的は、待機手術を予定している正常体重と肥満の患者の胃残留容積を評価することであった。 ・本前向き観察研究は、100 名の患者を 50 名ずつの 2 群に分けて実施した。肥満群には、BMI が 30〜40 で ASAーPS II の患者と、BMI が …
コメント:0

続きを読むread more

頭蓋内動脈瘤手術後の転帰に対する静脈内麻酔と吸入麻酔の比較試験:前向き無作為化対照試験

・頭蓋内動脈瘤頸部クリッピング術の麻酔維持には、静脈麻酔薬と吸入麻酔薬の両方がよく使用されている。著者らは、これらの患者の長期的な神経学的転帰について、一方の薬剤の他方に対する優位性を評価することを目的とした。 ・本前向き評価者盲式無作為化試験は、年齢 18〜65 歳の世界脳神経外科連合グレード I-II のくも膜下出血患者 10…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開における坐位と側臥位での脊椎麻酔が知覚遮断の発現時間と血行動態に及ぼす影響の比較検討:無作為化臨床試験

・脊椎麻酔は帝王切開の際に選択される方法である。低血圧症はこの方法のよく見られる合併症である。本研究は、帝王切開において、坐位と側臥位での脊椎麻酔が知覚遮断の発現時間と血行動態に及ぼす影響を比較することを目的とした。 ・本臨床試験では、脊椎麻酔による待機的帝王切開の候補者 106 名を選び、坐位での脊椎麻酔(S 群)と側臥位での脊…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/14

【問題1】(腎機能) クレアチニンクリアランスで正しいのはどれか。 ア:腎の糸球体濾過機能の検査である。 イ:正常値は110〜150ml/分である。 ウ:年齢の補正を必要とする。 エ:2時間と24時間の蓄尿では、測定値に差がある。     ▼     ▼     ▼ [解説] 血中クレアチニンは短…
コメント:0

続きを読むread more

外傷性脳損傷患者の臨床転帰に対する術中肺保護換気の効果:無作為化比較試験

・二次的な肺障害は、外傷性脳損傷(TBI)後の最もよく見られる非神経学的合併症である。肺保護換気(LPV)は、一部の重症患者において周術期酸素化と肺コンプライアンスを改善することが証明されている。本研究では、緊急の TBI 患者において、術中の LPV が呼吸機能を改善し、術後合併症を予防できるかどうかを調査することを目的とした。 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/13

【問題1】(酸塩基平衡) 正しいのはどれか。 ア:pHが等しいときPCO2が高いほど[HCO3-]/PCO2は大きい。 イ:NaHCO3を投与すると一過性にPCO2は低下する。 ウ:PCO240mmHgは約6.3kPaである。 エ:pH7.40、PCO240mmHgのとき血漿[HCO3-]は約24.5mmol/lである。…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外麻酔と全身麻酔を併用した場合と全身麻酔のみの場合の長期生存率:無作為化試験の追跡調査

・硬膜外-全身麻酔の併用は、麻酔薬やオピオイド消費量量を減らし、手術に関連する炎症を鈍らせることで、癌手術後の長期生存率を向上させる可能性があることが、実験的・観察的研究で示唆されている。そこで本研究では、高齢者において硬膜外-全身麻酔併用療法が長期生存を改善するという主要仮説を検証した。 ・本論文は、5 つの病院で実施された過去…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/12

■ これって常識? ■モルヒネを使うと「麻薬中毒になり,命が短くなる」というのは間違い 1)麻薬という言葉は法律的用語であり,臨床ではオピオイドという. 2)「耐性」とは,長期反復投与を行うとき効果が減弱する性質.「身体依存」とは,突然中止すると退薬症状(副作用と同様)がでる性質.いずれも適切に使えば問題は起こらない. 3)「…
コメント:0

続きを読むread more

顔面保護具を装着した初心者ユーザーによる COVID模擬マネキンでの挿管のための Mc Grath-MACと C-…

・COVID 患者の挿管は困難である。様々なガイドラインでは、COVID 患者の挿管を補助する最初のデバイスとして、ビデオ喉頭鏡(VL)の使用が提案されている。しかし、このような状況下で、特に初心者が挿管を容易にするための最適な VL は明らかにされていない。本研究では、COVID 患者を模擬したマネキンへの挿管において、2 種類の V…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の腰椎後方固定術における術後合併症および入院期間を予防的ノルエピネフリン注入が減少させる

・本試験は、腰椎後方固定術を受ける高齢者(年齢 60〜85 歳)を対象に、予防的にノルエピネフリンを注入することで、合併症の発生率と入院期間に及ぼす影響を検討した単施設の前向き無作為化比較試験である。 ・合計 129 名の高齢患者を、全身麻酔時にノルエピネフリンを投与する群と、ノルエピネフリンを投与しない対照群の 2 群に無作為に…
コメント:0

続きを読むread more

集中治療室に入室した COVID-19 患者の死亡率に関連する要因:系統的レビューとメタ分析

・COVID-19 で集中治療室に入室した高リスクの患者を特定することは、管理戦略に役立つ可能性がある。本メタ分析の目的は、2020 年 1 月 1 日から 2020 年 12 月 6 日までに発表された研究のデータベースを検索し、集中治療に入院した COVID-19 罹患成人の死亡率に関連する因子を明らかにすることであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/09

【問題1】(モニター) 心電図について正しいものはどれか? ア:側壁梗塞の患者では、 II 、 III 、aVFでSTセグメントが上昇する。 イ:T波は、心室の脱分極を表している。 ウ:心室内伝導遅延は心筋症の患者でしばしば認められる。 エ:脚ブロックの鑑別診断としては、WPW症候群を考える。 オ:脚ブロックを同定する…
コメント:0

続きを読むread more

院内で非心臓手術を受けた高齢者の周術期心血管系転帰について

・高齢者が非心臓手術を受ける場合、重大な心血管有害事象(MACE)のリスクが高い。本研究の目的は、周術期リスク増加の大きさを推定し、中高年と比較した高齢者の院内非心臓手術後の周術期 MACE の全国的な傾向を検討することである。 ・米国医療研究品質機構(Agency for Healthcare Research and Qual…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/08

【問題1】(局所麻酔) 脊髄麻酔後の低髄圧性頭痛について誤っているのはどれか。 ア: 座位で軽減する。 イ: 術後1〜3日目に起こる。 ウ: 穿刺針は細いほど発生頻度は低い。 エ: 治療として輸液が有効である。 オ: 項部硬直をきたす。     ▼     ▼     ▼ [解説] 脊椎麻酔…
コメント:0

続きを読むread more

抗精神病薬の使用は、初回人工膝関節全置換術後の長期入院、静脈血栓塞栓症の発生率および治療費の増加と関連する

・抗精神病薬の使用が静脈血栓塞栓症(VTE)を引き起こす可能性を示す研究があるが、この関連性は初回人工膝関節全置換術(TKA)を受けた患者では示されていない。そこで、本研究の目的は、初回人工膝関節置換術(TKA)を受ける際に抗精神病薬を服用している患者が、在院期間(LOS)、VTE の割合、医療費が高いかどうかを調査することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/07

【トラブル・シューティング】〜麻酔緊急Vol.2p108 (換気)『分離肺換気の突然の術中依頼』 大血管手術やMIDCAB、肺手術などで突然に手術方針の変更や出血などで、緊急に分離換気が必要となることがある。分離肺換気の方法として、ブロンコキャス、ユニベントの他に第3の方法としてフォガティーは緊急分離肺換気に際して有用である…
コメント:0

続きを読むread more

迅速導入チェックリストの導入とガイドライン遵守および合併症への影響

・迅速導入(Rapid Sequence Induction:RSI)の実施に関する現在のエビデンスは弱い。そのため、臨床医が個人的な好みで RSI の手順を変更するリスクが高い。チェックリストは、ベストプラクティスのガイドラインへの順守を高め、合併症の発生率を低減するのに役立つかもしれない。麻酔の重要な手順である RSI 時には、その…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔手技と産後の出血:前向きコホート研究

・ここ数年、高所得国でも産後出血の増加が注目されている。この増加は、産科的介入の増加と関連している可能性が示唆されている。そのような介入の中でも、麻酔は最も多く行われているものの一つである。本研究では、分娩後 24 時間の総出血量に及ぼす周産期麻酔の影響を調査することを目的とした。 ・出産後 24 時間以内の産後出血を評価した前向…
コメント:0

続きを読むread more

深い筋弛緩の潜在的な利点と限界に関する総説

・筋弛緩(NMB)は術野状態を改善することが示された。しかし、抜管時に筋弛緩が残存するリスクがあるため、麻酔科医は完全な筋弛緩を維持することができない。このような理由から、麻酔における深い NMB の使用率はまだ低い。このレビューでは、深い NMB と中等度 NMB の使い分けにまつわる 6 つの疑問に答えることを目的とした。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折手術後の術中輸血の術前危険因子:ノモグラムの確立

・本研究は、股関節骨折手術後の輸血に関連する術前の危険因子を探索し、ノモグラム予測モデルを確立することを目的とした。このモデルを適用することで、不必要な輸血を減らし、血液製剤の浪費を回避できる可能性があると考えられる。 ・2013 年 1 月から 2020 年 1 月までに股関節骨折手術を受けた全患者を対象とした後ろ向き分析である…
コメント:0

続きを読むread more

乳癌手術における全身麻酔と持続傍脊椎ブロックの併用効果と術後鎮痛に関する系統的レビューとメタ分析

・本研究では、乳癌手術における全身麻酔(GA)と持続傍脊椎ブロック(CPVB)の併用効果を系統的レビューとメタ解析によって比較し、CPVB による手術鎮痛の臨床的使用に理論的根拠を与えることを目的とした。 ・PubMed、Embase、Medline、Ovid、Springer、Web of Science の各データベースを検索…
コメント:0

続きを読むread more

リドカイン溶出気管チューブは、挿管に関連する気道反応を効果的に減衰させる

・リドカイン(LDC)は、挿管関連の気道反応を緩和するために広く使用されている局所麻酔薬である。しかし、LDC は薬物濃度が低く、有効時間も短いため、気道表面に満足な麻酔効果を与えるには不十分である。本研究では、挿管関連の気道反応を軽減することを目的として、高い局所薬物濃度と持続的な薬物放出を実現する LDC 送出気管チューブ(ETT)…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/01

■ これって常識? ■急性腎不全,血小板減少,溶血性貧血をみたら,thrombotic microangiopathy(HUS,TTP)を考えよ 1)原因に関わらず腎血管内皮細胞障害が持続すれば,血小板凝集亢進による血小板減少症,毛細血管内腔狭小化による赤血球破壊,急性腎不全が発症する. 2)O-157感染では,ベロ毒素が糸球…
コメント:0

続きを読むread more