リドカイン溶出気管チューブは、挿管に関連する気道反応を効果的に減衰させる

・リドカイン(LDC)は、挿管関連の気道反応を緩和するために広く使用されている局所麻酔薬である。しかし、LDC は薬物濃度が低く、有効時間も短いため、気道表面に満足な麻酔効果を与えるには不十分である。本研究では、挿管関連の気道反応を軽減することを目的として、高い局所薬物濃度と持続的な薬物放出を実現する LDC 送出気管チューブ(ETT)…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/01

■ これって常識? ■急性腎不全,血小板減少,溶血性貧血をみたら,thrombotic microangiopathy(HUS,TTP)を考えよ 1)原因に関わらず腎血管内皮細胞障害が持続すれば,血小板凝集亢進による血小板減少症,毛細血管内腔狭小化による赤血球破壊,急性腎不全が発症する. 2)O-157感染では,ベロ毒素が糸球…
コメント:0

続きを読むread more