股関節骨折手術を 36 時間以内に行うと、30 日および 1 年後死亡率が低下する

・現在、アイルランドの股関節骨折基準[IHFS]では、入院後 48 時間以内の手術猶予時間[TTS]を推奨している。本研究の目的は、TTS と 30 日または 1 年後の死亡率との間に統計的に有意な関係があるかどうかを調べ、手術までの時間を 48 時間とすることが依然として最も適切な推奨であるかどうかを評価することである。 ・本研…
コメント:0

続きを読むread more