子宮鏡検査後の短期的な痛みに対するリドカイン静脈内投与の効果:無作為化臨床試験

・内視鏡手術におけるリドカイン静注の役割は、これまでに痛みの軽減と回復について評価されてきた。最近では、内視鏡的粘膜下層剥離術を受ける患者の術後疼痛とオピオイドを軽減することが示されている。内視鏡的粘膜下層剥離術と同様に、子宮鏡下手術も自然腔内で行う内視鏡手術である。本研究は無作為化臨床試験で、子宮鏡下手術を受ける患者にリドカインを静注…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/07/19

【問題1】(心臓・血管) 超音波診断装置について正しいのはどれか。 ア:電子コンベックス走査方式は、腹部検査に最も適している。 イ:複数の波の相互作用による影響を波の干渉と呼ぶ。 ウ:電子リニア走査方式は、体表臓器や血管検査に用いられている。 エ:音響陰影とは、超音波が音響インピーダンスの大きい物にほとんど反射されるため…
コメント:0

続きを読むread more