尿管結石の内視鏡的外科治療に使用される全身、脊椎、硬膜外麻酔法の安全性と効率の比較:尿管結石にアクセスして石に到達するのにどれが優れているか?

尿管結石.png・本研究の目的は、脊髄、硬膜外、全身麻酔の手術転帰と、尿道アクセスの成功と結石アクセス達成に及ぼす麻酔法の影響を評価することである。

・本前向き無作為化試験では、尿管結石に対して初回の URS 手術を受けた 105 人の患者が評価された。患者は、適用された麻酔法に従って順列ブロック無作為化によって 3 群に無作為化した:全身麻酔(GA):33 人の患者、脊椎麻酔(SA):31 人の患者、硬膜外麻酔(EA):31 人の患者。尿管アクセスが成功しなかった 10 人の患者が脱落した。尿管アクセスの成功に関する 3 つの麻酔法の成功と、その手術転帰に及ぼす影響を比較した。

・人口統計学的値と術前の特徴に関して、ASA-PS を除いて、3 群間で統計的に有意差はなかった。拡張と結石へのアクセス時間は、GA 群と比較して SA 群と EA 群の方が統計的に有意に長かった。手術、砕石時間、結石除去率(SFR)、合併症率に関して、群間で統計的に有意差はなかった。術後 8 時間と 24 時間での視覚アナログスケール(VAS)スコアは、GA 群の方が統計的に有意に高かった。

初回尿管鏡検査を受けることが決まった患者では、禁忌がない場合は、GA で処置して尿管を良好に弛緩させることができる可能性がある。

経尿道的尿管結石手術では、全身麻酔の方が結石へのアクセスが容易になるようだ。

"尿管結石の内視鏡的外科治療に使用される全身、脊椎、硬膜外麻酔法の安全性と効率の比較:尿管結石にアクセスして石に到達するのにどれが優れているか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント