成人での PONV 予防のための低用量ドロペリドール(1mg あるいは 15 μg/kg)

Low-dose droperidol (1mg or 15μ/kg) for the prevention of postoperative nausea and vomiting in adults: quantitative systematic review of randomised controlled trials
European Journal of Anaesthesiology: June 2012 - Volume 29 - Issue 6 - p 286-294

・ドロペリドールは、ヨーロッパ諸国では術後悪心嘔吐(PONV)予防に広く使われている。低用量ドロペリドールが PONV 予防にどれくらい有効かは不明である。本研究では、成人の PONV 予防におおける、低用量ドロペリドールの有効性を検証し、用量-反応性を調査することであった。

・2011年 6 月までの電子データベース(Medline, Embase, Central)を包括的に検索してデータソースとし、メタアナリシスによって無作為対照試験を系統的にレビューした。追加試験を、抽出されたレポートの参考文献から取得した。言語に制限は加えなかった。文献選択基準は、全身麻酔下の成人で、≦1mg、あるいは≦15 μg/kg の予防的静脈内ドロペリドールを、プラセボと比較し、PONV について報告している無作為試験とした。

・25 試験(2957人の患者)を分析した。用量は、0.25~1.0 mg にわたった。早期悪心(術後 6 時間以内)の予防には、相対危険度(RR)は、0.45(95%CI、0.35~0.58)であった;治療必要数(NNT)は、ベースラインのリスクが、低、中、高(つまり、対照の事象発生率が、 25、50、75%)の場合、7、4、2 であった。早期嘔吐の予防には、RR は 0.65(95%CI、0.57~0.74)、NNT 11、6、4 であった。後期悪心の予防(24 時間以内)には、RR は 0.74(95%CI、0.62~0.87)、NNT 15、8、5であった。後期嘔吐の予防には、RR は 0.61(95%CI、0.47~0.80)、NNT 10、5、3 であった。ドロペリドールは頭痛のリスクを減少させたが、不穏のリスクを増大させた。 これら転帰に関しては、用量-反応性のエビデンスはなかった。鎮静やめまいの発生率には差がなかった。ドロペリドール 0.625 mg を投与された患者 2 人で、錐体外路症状が見られた。心毒性データは、報告されなかった。

・ドロペリドール 1mg 以下の予防量は、制吐作用がある。薬物の副作用は、用量依存性である可能性が高いので、1 mg 超の用量を使用するのを止めるべきであるとする議論がある。

"成人での PONV 予防のための低用量ドロペリドール(1mg あるいは 15 μg/kg)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント