手術を受ける小児で、オピオイド関連死亡を予防する

Preventing Opioid-Related Deaths in Children Undergoing Surgery
Anaestesia first published online: 13 JUN 2012

扁桃摘出術は、小児では最もよくある術式の 1つである。オピオイドのせいで小児の扁桃腺摘出後、報告されてない多くの死亡がある。肝臓マイクロ酵素(CYP2D6)の遺伝的変異が、幾例かの死亡と関連付けられた。CYP2D6 によって代謝されたオピオイドには、コデイン、トラマドール、ハイドロコドン、オキシコドンがある。特に幼児において、CYP2D6 の超急速代謝型や広範代謝型では、致命的副作用を引き起こす、より活性の強いオピオイド代謝物を相対的に産生する。睡眠無呼吸の既往のある若くて肥満の小児は、重篤なオピオイド関連の呼吸抑制を発症する危険性が高い。これらのオピオイドを処方する前に CYP2D6 遺伝子検査を行うことや、あるいは代替鎮痛薬を使用することによって有害転帰は回避可能で、疼痛管理の安全性を改善することができる。

[!]:代謝酵素の遺伝的変異がより活性の高い代謝物が産生されることもあるのか・・・、

"手術を受ける小児で、オピオイド関連死亡を予防する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント