簡易気道リスク指数

Simplified Airway Risk Index
Trials (Trials) 14 (347). doi:10.1186/1745-6215-14-347

簡易気道リスク指数(SARI)は気管挿管困難を予測するための多変量リスクスコアである。SARI スコアは 0~12 点の範囲で表され、点数が高いほど気道確保困難を示す。SARI スコア 4 点以上は、挿管困難を示唆する。SARI スコアを計算するのに 7 つのパラメータを使用する:開口度、甲状頤間距離、Mallampati スコア、頚部可動性、受け口にできる能力、体重、以前の挿管歴。

<計算>
1.開口度:上下門歯間距離>4cm で 0 点、<4cm で 1 点。

2.甲状頤間距離:オトガイ部と甲状切痕の距離>6.5cm で 0. 点、=6~6.5cm で 1 点、<6cm で 2 点が与えられる。

3.Mallampati スコア:修正Mallampati スコアのクラス I/II で 0 点、クラス III でIは 1 点、クラス IV で 2点が与えられる。

4.頚部可動性:頚部前後屈>90 度で 0 点、=80~90 度で 1 点、<80 度で 2 点となる。

5.受け口:患者が下顎を十分突き出して受け口にできるならばスコアは 0 点、できなければ 1 点。

6.体重:90kg 以下なら 0 点。 90~110kg なら 1 点が付与され、> 110kg なら 2 点がカウントされる。

7.以前の挿管歴:患者は、以前に問題なく挿管されている場合は、0 点のスコアが与えられる。挿管歴がない、困難であったか不明であったり、記録が作成されていなければ、1 点のスコアが与えらる。 挿管困難の既往があれば 2 点がえらる。

<評価>
スコア≧4 点では挿管困難が予測される
画像

"簡易気道リスク指数" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント