両側全膝関節置換術後の術後硬膜外鎮痛に、ロピバカイン±フェンタニル vs ブピバカイン+フェンタニル

<ハイライト>
・術後硬膜外局所鎮痛は、膝関節形成術に有効である。
・硬膜外ロピバカインへのフェンタニルの添加は、運動ブロックせずに、選択的鎮痛を提供した。

<要旨>
・膝関節全置換術後の疼痛(TKR)は早期リハビリテーションを妨げる。TKR 術後患者での硬膜外ブピバカインの使用は有効な鎮痛を提供するが、付随する運動遮断効果は機能回復を遅らせる。著者らは、両側 TKR 患者で、0.1% ロピバカイン±フェンタニル 2.5μg/mL と 0.0625% ブピバカイン+フェンタニル2.5μg/mL の鎮痛効果と副作用を比較した。

・手術室、術後回復室、集中関節置換室での、前向きの二重盲式無作為化研究。ASA I/II の 90 人の TKR 術後患者は、0.1% ロピバカイン(1 群)、0.1% ロピバカイン+フェンタニル 2.5μg/mL(2 群)、0.0625% ブピバカイン(3 群)による術後 PECA を受けるよう無作為に割り当てられた。術後、PCEA の設定は、基礎流量 4mL/h、ボーラス用量 6mL、ロックアウト間隔 20 分と標準化された。「レスキュー」鎮痛には、PCEA 投に加えて各被験薬物の硬膜外ボーラス(6mL)が含まれた。術後の疼痛プロファイル、使用された全 PCEA 薬物、心拍数、非観血血圧、副作用、患者満足度が記録された。

・3 研究群では、人口統計的パラメータ、手術時間、血行動態変数(心拍数と非観血血圧)は同等であった。ロピバカイン単独群では、疼痛スコアが高く、レスキュー薬の必要量が多かった。運動ブロックはブピバカイン+フェンタニル群で最も大きかった。術後、ロピバカイン+フェンタニル群と、ブピバカイン+フェンタニル群で軽度の副作用(嘔気、掻痒)があったにもかかわらず、これらの群に属する患者の方が満足度が高かった。

・両側 TKR の後、PCEA システムを介して投与されたロピバカイン+フェンタニルの組み合わせは、「ロピバカイン単独」(鎮痛が足りない)と、ブピバカイン+フェンタニル(鎮痛麺は良いが運動遮断が付随する)よりも運動遮断を伴わない鎮痛と言う点で、鎮痛有効性が優れていた。全体的に、硬膜外局所麻酔薬へのフェンタニルの添加は、良好な術後鎮痛プロファイルと、オピオイド関連副作用の軽度な発生を伴うものの十分な患者満足が得られた。

[!]:術後鎮痛と早期離床を考えると、硬膜外に低濃度の局所麻酔薬+フェンタニルを併用するのが良いと。

【出典】
Comparison of ropivacaine with and without fentanyl vs bupivacaine with fentanyl for postoperative epidural analgesia in bilateral total knee replacement surgery
Journal of Clinical Anesthesia February 2017Volume 37, Pages 7?13

"両側全膝関節置換術後の術後硬膜外鎮痛に、ロピバカイン±フェンタニル vs ブピバカイン+フェンタニル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント