腹部手術を受けた術後の尿閉を回避するための硬膜外カテーテルと尿道カテーテル抜去の最適タイミング

・術後尿貯留(POUR)は、硬膜外麻酔の最も頻繁な合併症の 1 つである。本研究は、POUR の危険因子を明らかにし、尿道カテーテル抜去の適切なタイミングを推定することを目的としている。

・2014 年 9 月から 12 月までに、硬膜外麻酔と大きな腹部手術を受けた 120 人の患者を対象に、後ろ向きコホート研究を実施した。POUR 発生率の傾向を観察するために、Cochran-Armitage 傾向試験を用いて硬膜外カテーテルと尿道カテーテルの抜去の順序と間隔を分析した。

・本研究では、40 人の患者が POUR(33.3%)と診断された。硬膜外カテーテル抜去の中央値は、POUR 群では術後 4 日であり、非 POUR 群では術後 3.5 日であった(p=0.04)。硬膜外カテーテル抜去前に尿道カテーテルを抜去したところ、POUR の発生率は比較的高かった(p<0.001)。手術野、手術アプローチ、硬膜外カテーテル挿入レベル、硬膜外オピオイド使用に統計的な差はなかった。尿路感染症の患者はいなかった。

・著者らは、硬膜外カテーテル抜去前の尿道カテーテル抜去が POUR の発生率の増加傾向に寄与していることを示した。腹部術後に POUR を回避するためには、硬膜外カテーテルと尿道カテーテルの最適な順序と間隔を考慮する必要がある。

[!]:硬膜外使用中は、尿貯留気味になるので、硬膜外カテーテルを抜去してその効果が低減したところで、尿道カテーテルを抜去した方がよいようだ。

【出典】
Optimal timing of removal of epidural and urethral catheters to avoid postoperative urinary retention undergoing abdominal surgery
Dig Surg. 2018 Jun 26:1-5. doi: 10.1159/000490199. [Epub ahead of print]

"腹部手術を受けた術後の尿閉を回避するための硬膜外カテーテルと尿道カテーテル抜去の最適タイミング" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント