手術室外の緊急気管挿管に際してビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡:系統的レビューとメタ分析

・ビデオ喉頭鏡検査(VL)は、直接喉頭鏡検査(DL)と比較して、気管挿管の成功を改善する可能性がある。

・著者らは、手術室外の緊急気管挿管で VL と DL を比較した研究を、PubMed、Embase、CENTRAL データベースで系統的に検索した。主要評価項目は、初回試行での挿管成功の割合であり、サブ群分析は場所、使用器具、臨床医の経験、臨床的シナリオによって行われた。副次評価項目は合併症率であった。データは[オッズ比(95% 信頼区間); P-値]で示した。

・著者らは 1564 件の緊急挿管を用いた 32 件の研究を同定した。VL と比較して初回挿管成功率に差はなかった(OR=1.28、(0.99-1.65)、P= 0.06]。初回挿管成功率は、集中治療室(ICU)[2.02(1.43-2.85);P<0.001]では、DL と比較して VL の方が高く、救急部や入院前の設定でも同様であった。初回挿管は、DL と比較してグライドスコープでは同様であったが、C-MAC(1.32(1.08-1.62)P= 0.007])では改善された。初心者/研修医では、DL と比較して VL での初回挿管成功率の方が高かった[OR=1.95(1.45-2.64)、P<0.001]が、熟練臨床医や救急隊員/看護師ではそうではなかった。心肺蘇生や外傷時では、DL と比較して VL で、初回挿管成功に差はなかった。DL と比較して VL では食道挿管が少なかった[OR=0.32(0.14-0.70)、P=0.003]が、低血圧が多かった[OR=1.49(1.00-2.23)、P=0.05]。

・要約すると、VL と DL との比較は、ICU における経験の少ない臨床医での初回挿管成功の増加に関連し、食道挿管を減少させる。しかし、VL は、低血圧の発生率が高いことと関連している。特定の状況において DL に優る VL の有用性を調査するさらなる研究が必要である。

[!]:ビデオ喉頭鏡は、あらゆる場合に直接喉頭鏡に勝るとはいえないが、条件によっては直接喉頭鏡よりも優れている。

【出典】
Videolaryngoscopy versus direct laryngoscopy for emergency orotracheal intubation outside the operating room: a systematic review and meta-analysis.
Br J Anaesth. 2018 Apr;120(4):712-724. doi: 10.1016/j.bja.2017.12.041. Epub 2018 Feb 26.

"手術室外の緊急気管挿管に際してビデオ喉頭鏡 vs 直接喉頭鏡:系統的レビューとメタ分析" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント