脊椎手術中の深い筋弛緩は術中出血量を減らす:無作為化臨床試験

・脊椎手術は通常、後方アプローチを使用して腹臥位で行われます。しかし、腹臥位は背中の静脈うっ血を引き起こす可能性があり、したがって手術の中断とともに手術出血量が増加する可能性がある。大きな血管が圧迫されて心臓への静脈還流が減少するため、腹臥位は心拍出量にも影響する。深い筋弛緩は、腹臥位での脊椎手術中の手術出血量の減少に関連すると仮定した…
コメント:0

続きを読むread more

発声、舌の突出、仰臥位での Mallampati テストは、Cormack-Lehane テストと最も相関している

・これまでに多くの Mallampati テストの修正版が開発された。Samsoon の修正マランパティテスト(標準 Mallampati テスト)は現在広く使用されている。標準 Mallampati テストに加えて、7 種類の Mallampati テストの評価プロトコルを新たに設計した。本研究では、Mallampati テストとCo…
コメント:0

続きを読むread more

手術中の食道癌患者における周術期の口腔ケアによる術後肺炎の予防:775 人の患者の多施設後ろ向き研究

・術後肺炎は、食道癌手術後の主要な合併症の 1 つである。術後肺炎に関連する危険因子は、全身の健康不良、喫煙、肺機能低下、真性糖尿病、外科的ストレス、高齢、術後誤嚥、口腔衛生である。本研究では、現在までのエビデンスが明らかではないため、術後肺炎の軽減に及ぼす周術期口腔ケアの効果を調べた。 ・食道癌手術を受ける患者で、周術期口腔ケア…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での術前検査所見による術後肺炎の危険因子

・本研究は、呼吸機能検査の結果と口腔状態に応じて、全身麻酔下での手術後術後合併症に関連する危険因子を調査するために実施された。 ・九州大学医学部付属病院で全身麻酔下で手術を受けた 471 人の患者の術前検査データを収集した。全患者で、呼吸機能検査、口腔検査、周術期口腔管理が行われた。術後合併症の発生率と危険因子を調査した。術後合併…
コメント:0

続きを読むread more

成人の術後咽頭痛を防ぐためのケタミンの局所適用:系統的レビューとメタ分析

・術後咽喉頭痛は、望ましくない術後の転帰の最たるものである。ケタミンは N-メチル-d-アスパラギン酸受容体拮抗薬であり、その局所適用は慢性疼痛や口腔/咽喉の適応に使用される。術後の喉頭痛を予防するための術前の局所ケタミン適用の有効性を評価するために、系統的レビューを実施した。 ・2019 年 9 月 23 日まで、MEDLINE…
コメント:0

続きを読むread more

α2-アドレナリン受容体作動薬は、内因性カンナビノイド系を介して末梢抗侵害受容を誘導する

・キシラジンは、獣医学および動物実験で広く使用されている α2 アドレナリン受容体作動薬であり、全身麻酔をかけることなく鎮痛、鎮静、筋弛緩をもたらす。キシラジンによって誘導される末梢抗侵害受容に関与するメカニズムの知識の欠如、アドレナリン作動性と内因性カンナビノイドシステム間の潜在的な相互作用を考慮して、本研究ではキシラジンのメカニズム…
コメント:0

続きを読むread more

プロポフォール麻酔中の CO2 気腹に及ぼす反応を抑制するためのレミフェンタニル必要量における性差の影響:上下連続…

・腹腔鏡下手術中の CO2 気腹は、激しい血行動態の変化を引き起す。ただし、プロポフォールと併用た CO2 気腹に対する心血管反応を阻害するために必要なレミフェンタニル量は不明のままである。さらに、患者の性別がオピオイドに対する反応に影響を与える可能性があり、これがこ必要量に影響を与える可能性がある。本研究の主な目的は、プロポフォール麻…
コメント:0

続きを読むread more

婦人科腹腔鏡手術後の肩の痛みに対する術後トレンデレンブルグ体位の影響:無作為化臨床試験

・腹腔鏡手術は、開腹手術と比較して合併症率、疼痛、費用が低いため、多くの婦人科手術の標準治療となっている。残念なことに、気腹に二酸化炭素(CO2)を使用することは、術後の肩の痛みの主な原因である。 ・著者らは、婦人科腹腔鏡手術後の肩の痛みに対する術後トレンデレンブルグ体位の影響を評価することを目指している。トレンデレンブルグで患者…
コメント:0

続きを読むread more

術後肺合併症を予防するための術中換気戦略:無作為化対照試験のネットワークメタ分析

・手術患者の肺保護換気戦略に関する議論は進行中である。エビデンスは、低一回換気量 VT の使用が臨床転帰を改善することを示唆している。ただし、低 VT 換気に組み込まれた PEEP と肺加圧操作(RM)戦略の最適値は不明のままである。 ・いくつかの電子データベースを検索して、低 VT 戦略と従来型人工呼吸(CMV)の比較、または手…
コメント:0

続きを読むread more

成人の術後気道合併症を予防するための静脈内リドカイン:系統的レビューとメタ分析

・全身麻酔を受ける手術患者では、抜管時の咳嗽がよく見られ、潜在的に危険な合併症を引き起こす可能性がある。著者らは、咳嗽や他の気道合併症を防ぐための周術期中のリドカインの静脈内投与の有効性と安全性を評価するために、系統的レビューとメタ分析を実施した。 ・著者らは、全身麻酔下で手術を受ける成人患者で、周術期静脈内リドカイン投与を対照群…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜穿刺後頭痛の予防-無作為化比較試験

・研究の目的は、硬膜穿刺後頭痛(PDPH)のリスクに及ぼす針のサイズ、針のデザイン、スタイレット再挿入の影響を調査するために、診断的腰椎穿刺(LP)を受ける 952 人の被験者を調査した。 ・本無作為化二重盲式試験は、2013 年から 2018 年にかけてスウェーデンのウメオ大学病院で実施された。被験者には、3 本の針のうち 1 …
コメント:0

続きを読むread more

動脈瘤性くも膜下出血のベータ遮断薬:系統的レビューとメタ分析

・動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)後の交感神経系の活性化は、合併症と予後不良に関連している。この系統的レビューとメタ分析では、aSAH 後の転帰に及ぼすベータ遮断薬の影響を調査する。 ・レビューは PROSPERO に登録された(CRD42019111784)。 MEDLINE、EMBASE、Cochrane Library、公開…
コメント:0

続きを読むread more