寛骨臼周囲骨切り術後の疼痛、オピオイド使用、在院期間に及ぼす早期硬膜外中止の影響

・寛骨臼骨切り術(PAO)は症候性寛骨臼異形成の治療の標準治療である。寛骨臼異形成のために PAO を受ける患者は、硬膜外鎮痛で管理できる術後疼痛がある。本研究の目的は、硬膜外鎮痛の中止のタイミングが疼痛、オピオイド使用、入院期間(LOS)に及ぼす影響を評価することであった。研究の仮説は、術後 1 日目(POD1)での硬膜外カテーテル抜…
コメント:0

続きを読むread more

成人外傷患者におけ迅速導入挿管のためのケタミン:後ろ向き観察研究

・外傷患者集団では、ケタミンは一般的に迅速導入中に使用される。ただし、ケタミンは重要な副作用と関連付けられているため、本研究では、ケタミンによる導入後の外傷患者の院内死亡率と他の導入剤との比較を試みた。 ・地区外傷登録簿と診療録を使用して、2 年間に、病院前段階か、または最初に 2 つの都市レベル 1 外傷センターの外傷救急室で挿…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔を受ける小児の誤嚥に及ぼす清澄水分絶飲の影響:ドイツの前向き多施設観察(NiKs)研究の結果

・3324 人の小児を含む実空腹時間の予備的全国集計は、清澄水と軽食の絶飲食時間が現在のガイドラインで推奨されているよりも頻繁に短いことを示したが、サブ群分析には被験者数が小さすぎた。そこで、参加施設数が多く、被験者数が多いこの拡大研究の主要目的は、清澄水または軽食の絶飲賞時間の短縮が、小児の全身麻酔時の逆流や誤嚥の発生率に影響を与える…
コメント:0

続きを読むread more

内視鏡的経蝶形骨非機能性下垂体腺腫手術後の術後 3ヶ月の神経内分泌機能に対する麻酔薬の影響

・麻酔法は周術期の神経内分泌機能に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、非機能性下垂体腺腫(NFPA)の除去のために、内視鏡的経蝶形骨手術(ETS)を受けた患者で、セボフルラン麻酔とプロポフォール麻酔の術後 3 ヵ月の術後神経内分泌機能転帰を後ろ向き的に比較することであった。 ・セボフルラン+レミフェンタニル麻酔(セボフルラン…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の胃癌患者における術後感染合併症の危険因子

・胃癌(GC)の高齢患者は、胃切除後の感染性合併症のリスクが高くなる。これらの患者の合併症を予測するために、限られた一連の危険因子が確認されている。この集団の胃切除術の安全性を改善するために、GC の高齢患者のコホートにおける感染性合併症の発生率と関連する臨床病理学的、栄養学的および外科的危険因子を調査した。 ・2013 年 1 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/06/19

【問題1】(自律神経) 自律神経系について正しいのはどれか? ア:エフェドリンは、三環系抗うつ薬の服用患者には使用しない方がよい。 イ:α2受容体は前シナプスに存在する。 ウ:交感神経節前線維は、脊髄神経後根から脊髄を出る。 エ:アドレナリンは、2〜10μg/min以下ではβ1、β2作用が中心となる。 オ:神経筋接合部…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19 患者の気管挿管後の医療従事者に対するリスク:前向き国際多施設コホート研究

・気管挿管などのエアロゾル発生処置に関与する医療従事者は、COVID-19 に感染するリスクが高い可能性がある。ただし、このリスクの大きさは不明である。COVID-19 が疑われる、または確認された患者の気管挿管に参与している医療従事者を募集する前向き国際多施設コホート研究を実施した。 ・気管挿管エピソード、個人用保護具の使用、お…
コメント:0

続きを読むread more

小児におけるロピバカインの最小局所麻酔薬濃度に対する仙骨ケタミンの影響:前向き無作為化試験

・仙骨ケタミンは、副作用がほとんどなく、効果的で長時間にわたる術後鎮痛を提供することが示されている。ただし、術中鎮痛のためのロピバカインの最小局所麻酔薬濃度(MLAC)に及ぼす仙骨ケタミンの影響は不明である。 ・169 人の小児が 5 群に無作為化された:C 群(仙骨ロピバカインのみ)、K0.25 群(仙骨ロピバカイン+ 0.25…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/06/17

【問題1】(静脈麻酔薬と吸入麻酔薬) チオペンタールについて正しい記述はどれか。 ア:常温の心肺バイパス中にチオペンタールを40mg/kgを投与すると、中枢神経系合併症を低下させる可能性がある。 イ:心停止後にチオペンタールを投与すると、神経学的な予後が改善する。 ウ:チオペンタールを前投与することで、スキサメトニウムによ…
コメント:0

続きを読むread more

待機的非心臓手術を受ける患者における全身麻酔後の術後認知機能障害

・研究の目的は、年齢 40〜60 歳の患者で、待機的非心臓手術を受ける患者の全身麻酔後、術後早期認知機能障害(POCD)の頻度を特定するであった。 ・2015 年 12 月から 2016 年 5 月まで、カラチにあるアガカーン大学病院(AKUH)の麻酔科での記述的研究である。AKUH の倫理審査委員会の承認を得て説明と同意を得た後…
コメント:0

続きを読むread more

小児の術後咽頭痛に対する 2 種類の声門上気道器具の比較:前向き無作為化比較試験

・咽喉頭痛は、全身麻酔を受けた後によく知られている訴えである。本研究は、待機的手術を受け、術後の咽喉頭痛を自己報告できる小児で、Ambu ラリンジアルマスクか、または I-gel の使用後に、術後咽喉頭痛の重症度と頻度を比較するために行われれた。 ・待機的手術を受ける、年齢 6 歳〜16 歳までの 70 人の小児が、Ambu ラリ…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/06/15

【問題1】(一般的な麻酔前評価) ASA(アメリカ麻酔学会)Physical Status 分類について正しい記述はどれか。 ア:手術をしてもしなくても24時間以内に死亡すると考えられる場合はクラス5Eと評価する。 イ:それまで健康な患者が急性虫垂炎を起こした。クラス1Eと分類される。 ウ:治療されていない高血圧患者はクラ…
コメント:0

続きを読むread more

目標制御注入法中の血漿および脳組織における予測および実際のプロポフォールおよびレミフェンタニル濃度の比較:前向き観…

・目標制御注入システムは、ユーザー指定の血漿または効果部位の目標濃度を達成するために、静脈麻酔薬を投与する際にますます使用されている。いくつかの研究では、基礎となる薬物動態力学モデルが血漿中濃度を予測する能力を調査しているが、人間の脳内の薬物濃度を予測する際のパフォーマンスに関するデータはない。Marsh プロポフォールモデルと Min…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の鎮痛に際してのため持続的患者管理硬膜外麻酔併用のクモ膜下モルヒネとクモ膜下モルヒネ単独の比較:無作為化…

・いくつかの脊柱管テクニックが帝王切開後の効果的な鎮痛を示している。これまでのの報告によると、オピオイドなしの硬膜外患者管理鎮痛(PCEA)は、帝王切開後の鎮痛のクモ膜下モルヒネ(IM)単独よりも劣る可能性がある。ただし、IM に PCEA を追加することが効果的であるかどうかはほとんどわかっていない。本研究の目的は、PCEA を併用し…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術後の回復のための持続大腿神経ブロックに際してのロピバカイン注入レジメンの有効性の比較:無作為化二…

・人工膝関節全置換術(TKA)後の鎮痛には、持続大腿神経ブロック(cFNB)が効果的である。ただし、cFNB のロピバカイン注入のどの低用量レジメンが適切な鎮痛を提供し、迅速な回復を可能にするかは明らかではない。本研究の目的は、TKA 後の患者のリハビリテーションに及ぼすさまざまな cFNB レジメンの効果を比較することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/06/12

【問題1】(外傷患者と熱傷患者の麻酔) 出血が起きた場合について正しい記述はどれか。 ア:急性出血では、ただちにヘマトクリット値が低下する。 イ:出血量が循環血液量の10%程度なら、血圧は低下せず、心拍数のみが増加する。 ウ:出血量が循環血液量の20%になると、高度の血圧低下、頻脈が起きる。 エ:循環血液量の30%を超え…
コメント:0

続きを読むread more