人工心肺を用いた術後の脳梗塞の独立予測因子について

・研究の目的は、人工心肺(CPB)を利用した心臓手術における術後の脳梗塞の予測因子を評価することであった。 ・本研究は、単施設(リバプール病院、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)で実施された後ろ向き観察研究で、2016 年 1 月〜 2018 年 12 月に NSW 州リバプール病院で外科的治療を受けた CPB 患者全員を…
コメント:0

続きを読むread more

片側人工膝関節全置換術における関節周囲注射に併用したクモ膜下モルヒネ 0.2mg、0.1mg、無添加を比較した無作…

・人工膝関節全置換術(TKA)時の脊柱管麻酔に術後鎮痛を目的としてクモ膜下モルヒネ(ITM)を追加すると、オピオイド関連の副作用が誘発されることがある。マルチモーダル鎮痛法を含む他の疼痛緩和および副作用軽減法は困難だがやりがいがある。本研究では、関節周囲注射(PI)を用いた初回片側 TKA に対する様々な ITM の投与量の有効性を明ら…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下またはロボット胆嚢摘出術を受ける男性患者の麻酔覚醒時の咳嗽を防ぐために必要なレミフェンタニルの最適効果部位…

・レミフェンタニルの目標制御注入は、全身麻酔からの覚醒時に効果的に咳嗽を抑えることが知られている。しかし、喫煙が覚醒時の咳嗽に及ぼす影響については、いまだに議論の余地がある。本研究では、腹腔鏡下またはロボット胆嚢摘出術を受ける男性患者において、喫煙者と非喫煙者のレミフェンタニルの効果部位濃度(Ce)を調査することを目的とした。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

自然気胸に対するビデオ補助胸腔鏡下手術中の自発呼吸と人工呼吸の比較:無作為化試験

・自発呼吸によるビデオ補助胸部手術(SV-VATS)は、人工呼吸による VATS(MV-VATS)と比較して、術後の回復に優れた、あるいは同等の効果があると報告されている。しかし、SV-VATS によるブレブ摘出術の周術期の安全性は完全には示されていない。 ・年齢 16 歳から 50 歳の原発性自然気胸患者を対象に、SV-VATS…
コメント:0

続きを読むread more

高比重ブピバカインの投与量と母体の低血圧との関連: 脊椎麻酔で帝王切開を受けた 8226名の女性を対象とした後ろ向…

・帝王切開分娩時の脊椎麻酔に低用量(≦8 mg)の高比重ブピバカインを使用すると、有効性が低下するが、副次的な結果として、脊椎麻酔による低血圧の頻度が減少することと関連していた。著者らの主な目的は、帝王切開分娩のための高比重ブピバカインの投与量と脊椎麻酔誘発性低血圧の発生との関係を調査することである。 ・2012 年から 2018…
コメント:0

続きを読むread more

上肢手術における区域麻酔と全身麻酔の患者満足度:非盲式横断的前向き臨床比較観察研究

・医療の質を評価する上で重要なのは、患者の満足度である。しかし、この点について調べた研究はわずかしかない。本研究の主な目的は、上肢手術を受ける患者で区域麻酔(RA)と全身麻酔(GA)の患者満足度を比較することであった。また、両手技間の入院期間と鎮痛持続時間を副次的な目的とした。 ・この横断的研究は、三次医療機関の教育病院で行われた…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の股関節骨折に対する術前の不要な循環器科評価と経胸壁心エコー図は手術までの時間を遅らせる

・高齢者の股関節骨折患者の手術の遅れは、罹患率と死亡率の増加に関連している。American Heart Association(AHA)とAmerican College of Cardiology(ACC)のClinical Practice Guidelines(CPG)は、術前の循環器科コンサルテーションと経胸壁心エコー(TTE…
コメント:2

続きを読むread more

待機的非心臓手術後の急性腎不全を予防するための術中修正可能因子の分析:急性腎不全に関連する術中低血圧と晶質液投与に…

・待機的非心臓手術後の急性腎障害(AKI)を予防するための最適な術中の血圧範囲と晶質液投与プロトコールはまだ不明である。 ・この単施設の後ろ向きコホート研究では、全身麻酔下で待機的非心臓手術を受けた年齢 50 歳以上の患者 6296 例を対象とした。術中低血圧の持続時間と AKI の関係を評価した。晶質液投与の効果がベースラインの…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/03/30

【問題1】(肝疾患患者への注意) 肝疾患患者の麻酔管理について正しい記述はどれか。 ア:大量の腹水があると、誤嚥のリスクが高くなる。 イ:動脈血酸素分圧はしばしば低下している。 ウ:ベンゾジアゼピンで、強い鎮静がみられることがある。 エ:ベクロニウムの作用持続時間が延長する。     ▼     ▼  …
コメント:0

続きを読むread more

肺癌に対する肺切除における非挿管と挿管によるビデオ補助胸腔鏡手術の比較:メタ分析

・本研究の目的は、肺切除術における非挿管(NIVATS)と挿管式ビデオ補助胸腔鏡手術(IVATS)の安全性と実現性を比較することである。 ・8 件の研究のメタ分析を行い、肺切除時の肺葉切除術または肺分節切除術に際しての 2 つのアプローチの実質的な効果を比較した。 ・その結果、NIVATS を使用した患者は、IVATS を使…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2021/03/29

【問題1】(モニター) 心電図について正しいものはどれか? ア:左脚枝の前枝・後枝のうちどちらか一方がブロックされていることをヘミブロックという。 イ:STセグメントの低下の鑑別診断として、高カリウム血症を考える。 ウ:心電図が高電位の場合は、鑑別診断として肥満を考える。 エ:前壁梗塞の患者では、V3〜V4でSTセグメン…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での腹腔鏡手術後の患者の術後早期の睡眠の質と合併症に及ぼす静脈麻酔と吸入麻酔の効果について

・術後の睡眠の質の低下は、現在、外科系の現場では深刻な問題として残っている。本研究の目的は、全身麻酔で腹腔鏡手術を受けた患者の術後早期の睡眠の質と合併症に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果を比較することである。 ・全身麻酔下で待機的腹腔鏡手術を受けた 74 名の患者を、プロポフォール群か、またはセボフルラン群に無作為に割り付…
コメント:0

続きを読むread more

世界 29 カ国の重症患者における挿管方法と挿管前後の有害事象について

・気管挿管は、重症患者において最もよく行われるハイリスクな治療法の一つである。挿管前後の有害事象に関する情報は限られている。研究の目的は、挿管前後の有害事象の発生率と性質を評価し、重症患者における挿管の現状を評価することであった。 ・International Observational Study to Understand t…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外鎮痛後に硬膜外ヒドロキシエチルスターチを投与すると硬膜穿刺後の頭痛が予防された:20 例の報告と文献レビュー

・偶発的硬膜穿刺(ADP)とそれに続く硬膜穿刺後頭痛(PDPH)は、産科麻酔・鎮痛の硬膜外処置のよく見られる合併症である。ADP 後の PDPH を予防する最善の方法については、明確なコンセンサスが得られていない。 ・著者らは、硬膜外処置時に 16 ゲージ Tuohy 針を用いて ADP を行った後、PDPH を予防するために硬膜…
コメント:0

続きを読むread more

クリティカルケアにおけるエアロゾル発生処置中の SARSCoV-1 と SARSCoV-2 の伝播:観察研究の系統…

・研究の目的は、エアロゾル発生処置を行う医療従事者へのコロナウイルス感染のリスクと、これらの処置における個人用保護具の潜在的な利点を評価することであった。 ・データソースとして MEDLINE、EMBASE、Cochrane CENTRAL を、関連する MeSH 用語とキーワードを併用て検索した。全身麻酔、重症患者のエアロゾル発…
コメント:0

続きを読むread more