ブドウ糖投与は、腹腔鏡下胆嚢摘出術後の術後悪心嘔吐の発生率を低下させる可能性がある:二重盲式無作為化比較試験

・術後悪心嘔吐(PONV)は、麻酔に付随する合併症の中で最も一般的で望ましくないものであり、患者の不快感や入院期間の延長につながる。本研究では、腹腔鏡下胆嚢摘出術(LC)を受ける患者で PONV に及ぼす術前/術中ブドウ糖注入の効果を評価および比較する。 ・本前向き二重盲式無作為化対照試験には、3 群に分けられた 93 人の AS…
コメント:0

続きを読むread more

声門上気道器具による全身麻酔後の咽喉痛に対する術前ガム咀嚼の効果:無作為化対照試験

・術後咽頭痛(POST)は、声門上気道(SGA)器具による全身麻酔後も珍しくない。いくつかの薬理学的および非薬理学的手段が POST を減らす可能性があると報告されたが、制限事項や成功率がいろいろであるため、POST を軽減するためのより簡単で効果的な方法を見いだす必要がある。 ・本前向き観察者盲式無作為化比較試験では、SLIPA…
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の術後悪心嘔吐の予防における静脈内リドカインの有効性:系統的レビューとメタ分析

・全身麻酔を受ける成人において、リドカインの静脈内投与は、術後悪心嘔吐(PONV)の発生率を低下させることが示されている。ただし、小児患者におけるリドカインの抗術後嘔吐(POV)効果は不明である。 POV/PONV の予防に及ぼすリドカインの静脈内投与の効果を評価するために、系統的レビューと試験連続解析によるメタ分析を実施した。 …
コメント:0

続きを読むread more

股関節置換術を受ける高齢患者の術後せん妄に及ぼす異なる BP管理戦略の影響:単施設無作為化対照試験

・術後せん妄(POD)は、股関節置換術後によく見られる。術中血圧管理は術後せん妄に影響を与える可能性がある。本研究の目的は、POD に及ぼす異なる血圧管理戦略の効果を比較することであった。 ・中国合肥市安徽医科大学の第二病院単施設での無作為化比較試験で、対象は、股関節形成術を受けた年齢 65〜80 歳の合計 150 人の患者。乱数…
コメント:0

続きを読むread more

閉塞性睡眠時無呼吸患者の関節形成術後のクモ膜下モルヒネと肺合併症:後向きコホート研究

このトピックについてすでに知っていること: クモ膜下モルヒネは、関節形成術後の鎮痛に一般的かつ効果的に使用されるが、遅発性呼吸抑制などの術後肺合併症に関連している この記事がは教えてくれる新しいこと: 閉塞性睡眠時無呼吸患者で、マルチモーダル鎮痛に併用した低用量クモ膜下モルヒネは、術後肺合併症のリスク増加とは関連していなかった…
コメント:0

続きを読むread more

小児の人工呼吸器関連肺炎率に及ぼす気管切開の効果

・小児の気管切開と人工呼吸器関連肺炎(VAP)の関係に関するデータは非常に限られている。気管切開が小児の VAP 率に及ぼす影響を評価することを計画した。 ・著者らは、彼らの病院の小児集中治療室(PICU)で経過追跡中に気管切開を受けた患者を評価した。少なくとも 1 回 VAP と診断され、気管切開の前後に少なくとも 30 日間人…
コメント:0

続きを読むread more

鼻中隔形成術を受ける患者における周術期静脈リドカイン注入の術後鎮痛効果:前向き無作為化二重盲式試験

・リドカインの静脈内注入は、近年多くの外科的処置で術後鎮痛に使用されている。本無作為化二重盲式試験の目的は、鼻中隔形成術手術を受ける患者で周術期静脈リドカイン注入の術後鎮痛効果を調査することであった。 ・年齢 18〜40 歳の鼻中隔形成術手術を予定している 48 人の ASA-PS I/Ii の患者は、2 群に分けられた。麻酔導入…
コメント:0

続きを読むread more

睡眠障害のある乳房手術の女性におけるセボフルランの覚醒最小肺胞濃度(MACawake)の増加

・睡眠障害は、診療所でよく遭遇する。睡眠不足がラットの全身麻酔の有効性を変化させる可能性があることを示すエビデンスがある。しかし、この現象は人間では調査されていない。本研究の目的は、睡眠障害患者で、セボフルランの催眠効力が、正常な睡眠習慣の患者と異なるかどうかを調査することであった。 ・待機的乳房手術を予定している 44 人の患者…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩に際しての脊髄硬膜外併用麻酔時の低血圧を予防するためのノルエピネフリンの体重調整注入の無作為化二重盲式…

・ノルエピネフリン注入は、帝王切開に際しての脊椎麻酔時の低血圧を予防するための効果的な方法として提案されている。しかし、ノルエピネフリンの最適な投与計画は十分に確立されていない。本研究の目的は、帝王切開に際しての脊柱管麻酔時の低血圧を予防するために、ノルエピネフリンの体重調整定量注入の用量反応特性を調査することであった。 ・二重盲…
コメント:0

続きを読むread more

アデノイド扁桃摘出術を受ける小児の術後呼吸器合併症の予測因子

・閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)は、一般にアデノイド扁桃摘出(AT)で治療され、周術期呼吸有害事象(PRAE)のリスクをもたらす。著者らは、AT を受ける小児の PRAE の臨床的および睡眠ポリグラフの予測因子を同時に特定することを目指した。 ・2010 年 1 月から 2016 年 12 月までに入院中にあらかじめ睡眠ポリグラフ検…
コメント:0

続きを読むread more

高感度トロポニンTは、弁疾患患者で機械的循環サポートを必要とする術後心原性ショックを予測する

・心原性ショックは、心臓弁手術を受ける患者にとって非常に重症の術後合併症である。機械的循環補助は、この合併症の患者を治療する方法として認められている。今回の研究の目的は、機械的循環補助を必要とする術後心原性ショックの発生を予測する際に、特定のバイオマーカーの有用性を評価することであった。 ・本前向き研究は、心臓弁手術を受けた 71…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下での気管支ファイバー挿管困難に関連する患者要因:前向き観察研究

・全身麻酔下で気管支ファイバー(FB)を使用した気管挿管困難に関連する患者特性は、前向きに評価されていない。この観察研究は、FB 挿管困難に関連する人口統計学的および形態学的要因を特定することを目的としている。 ・全身麻酔時に気管挿管を受ける 420 人の成人待機手術患者を募集した。患者の特徴は、年齢、性別、体重、身長、肥満指数、…
コメント:0

続きを読むread more