ICU の高齢者におけるせん妄の軽減におけるデキスメデトミジン vsプロポフォール鎮静: 系統的レビューとメタ分析

・ICU ではせん妄がよくみられ、発生率は 70% 以上と報告されている。せん妄に関連する重大な合併用と死亡のため、せん妄のない鎮静剤は ICU 入室した高齢者の転帰を改善すると仮定されている。研究目的は、デキスメデトミジン鎮静がプロポフォール鎮静と比較して高齢者の ICU せん妄の減少と関連しているかどうかを評価し、そのリスクと利益を…
コメント:0

続きを読むread more

SPI ガイド下の全身麻酔下に腰椎椎間板切除術後の周術期転帰に及ぼす浸潤麻酔の影響:無作為化対照前向き試験からの予…

・腰椎椎間板切除後に重度の術後痛(SPP)が発生する場合がある。 SPP を予防し、レスキューオピオイド消費量を減らすために、浸潤麻酔(IA)が全身麻酔(GA)と組み合わされている。本研究は、GA と IA の併用が、術中術後のオピオイド需要にいかに役立ち、腰椎椎間板切除術を受けた患者の SPP の発生率にどのように影響するかを検証した…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外麻酔は、膀胱切除患者の合併症の増加に関連している:NSQIP 分析

・研究の目的は、全身麻酔と補助的硬膜外麻酔を受ける患者と比較した全身麻酔で管理されている膀胱切除術患者の短期的転帰と再入院率の差を特定するであった。 ・米国外科学会手術の質改善プログラムのデータベースを利用して、2014 年から 2017 年までに回腸導管による膀胱切除術を受けた患者が含まれた。患者は、追加の麻酔法に基づいてさらに…
コメント:0

続きを読むread more

ラリンジアルマスクは、気管チューブと比較して、甲状腺手術後の術後咽頭痛の発生率を低下させる:単盲式無作為化対照試験

・喉頭痛は、気管チューブ(ETT)を使用した甲状腺手術後の著しい合併症である。多くの研究により、ラリンジアルマスク(LMA)が術後咽頭痛の発生率と重症度を低下させる可能性があることが明らかになった。ただし、甲状腺手術におけるフレキシブル強化 LMA(FLMA)の使用についてはほとんど知られていない。本研究の目的は、ETT と比較して F…
コメント:0

続きを読むread more

中程度〜大きな非心臓手術を受ける高齢のアジア人患者における術後 1年の死亡率を予測する因子 -後ろ向きコホート研究

・短期的周術期転帰は欧米の手術集団でよく研究されているが、本研究の目的は、非心臓手術後の アジア 人手術集団における周術期 1 年死亡率とその関連要因を調査することである。 ・2015 年 1 月から 7 月まで、大学付属三次病院で非心臓手術を受けた年齢 45 歳以上の患者 2163 人を対象にした後ろ向きコホート研究を実施した。…
コメント:0

続きを読むread more

幼児期の手術と麻酔への暴露およびその後の注意欠陥多動性障害用薬物の使用

・いくつかの最近の臨床研究では、幼少期の麻酔への暴露が行動障害のリスク増加と注意欠陥/多動性障害(ADHD)の臨床診断に関連していることがわかっている。保険金請求データの診断は不正確な場合があるが、薬局の保険金請求は薬物使用を反映して非常に正確である。本研究では、手術と麻酔への暴露とその後の ADHD 薬の使用との関連を調べている。 …
コメント:0

続きを読むread more

オフポンプCABG手術における術後出血の減少におけるトラネキサム酸とεアミノカプロン酸の有効性の比較:前向き無作為…

・オフポンプ冠動脈バイパスグラフト(CABG)手術は、組織プラスミノーゲン活性化因子の放出による線維素溶解の増加が示されている。オフポンプ CABG 手術で利用可能な 2 種類の抗線溶薬(トラネキサム酸とεアミノカプロン酸)を比較した試験はない。本研究の目的は、トラネキサム酸とε-アミノ-カプロン酸の有効性を、主要評価項目としての 4 …
コメント:0

続きを読むread more

鼻形成術患者における全身麻酔後の覚醒興奮の評価:吸入麻酔と全静脈麻酔

・覚醒興奮(EA)は、全身麻酔からの回復早期に発生する臨床症状であり、患者の快適性を低下させる。本研究の目的は、鼻形成術患者の興奮に及ぼす低流量セボフルラン麻酔と全静脈麻酔(TIVA)の効果を比較し、鼻形成術後の低流量セボフルラン麻酔における EA の頻度を調査することであった。 ・本前向き無作為化研究には、全身麻酔下の合計 90…
コメント:0

続きを読むread more

高齢の股関節骨折患者の術後短期および長期死亡率に及ぼす心不全の影響

<ハイライト> ・術後 30 日、60 日、3 ??ヶ月、6 ヶ月、1 年の累積死亡率は、非 HF群でそれぞれ 1.6%、3.6%、5.1%、8.4%、12.9% であり、HF 群では 5.7%、9.5%、12.4%、17.1%、25.2% であった(p≦0.001)。 ・1 年死亡率に影響を与えた要因は、性別(OR、2.10; 9…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開分娩の低リスク患者における声門上気道器具と気管挿管の比較:系統的レビューとメタ分析

・帝王切開(CD)に際しての声門上気道(SGA)器具の安全性と有害事象率は十分には特徴付けられていない。本レビューの主な目的は、待機的 CD に際して、SGA は気管挿管よりも初回通過成功率が高く、挿入時間が短いかどうかを判断することであった。副次目的は、全身麻酔(GA)下での待機的 CD において、気管挿管と比較した SGA 使用に関…
コメント:0

続きを読むread more

全血の凝固能低下は、重症敗血症患者の 28 日死亡リスクが高いことと相関している

・凝固能低下と血小板機能障害は、敗血症における死亡の高いリスクに関連付けられている。著者らのコホート研究の目的は、敗血症による凝固能低下(ROTEM で評価)と血小板機能障害(MULTIPLATE で評価)が、29 日から 90 日の間に死亡した患者と比較して、28日以内に死亡した敗血症患者の方が不良であるかどうかを判断することであった…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔に際しての正中アプローチと傍正中アプローチによる、新規発症の術後腰痛の発生率

・硬膜穿刺後腰痛(PDPB)に及ぼす麻酔法の効果は特に評価されていない。本研究の目的は、PDPB の発生率と重症度を正中アプローチと傍正中アプローチ間で比較することであった。 ・患者を、無作為に正中(M 群、n=50)か、または傍正中(P 群、n=50)のいずれかのアプローチによる脊椎麻酔を受けるようにした。患者毎の穿刺試行回数、…
コメント:0

続きを読むread more

目標制御レミフェンタニル注入時、Supreme ラリンジアルマスク挿入は、ProSeal ラリンジアルマスク挿入よ…

・ProSeal(PLMA)および Supreme(SLMA)ラリンジアルマスクは、挿入に異なる麻酔薬を必要とする可能性のある独特のデザインをした効果的な人工呼吸器具である。セボフルランの導入は、ラリンジアルマスク挿入の許容条件を提供し、レミフェンタニルは、その挿入に必要なセボフルランの最小肺胞濃度を有意に減少させる。本研究の目的は、筋…
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな種類のラリンジアルマスク留置が右内頸静脈に及ぼす効果:前向き無作為化対照比較試験

・近年、臨床麻酔の管理のためのラリンジアルマスク(LMA)の頻用とともに、内頸静脈(IJV)の位置と血流に及ぼす LMA の影響がますます注目を集めている。研究の目的は、さまざまな種類の LMA(Supreme LMA、ガーディアン LMA、I-gel LMA)の留置が、右 IJV の位置と血流に及ぼす影響を調査することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

ProSeal ラリンジアルマスクのビデオ喉頭鏡ガイド下と標準の手指挿入法の比較:前向き無作為化試験

・本研究は、Proseal ラリンジアルマスク(PLMA)の挿入成功率と挿入条件について、標準的な手指法と比較したビデオ喉頭鏡ガイド挿入法の有用性を調査するために計画された。 ・前向きに、119 人の患者(ASA I~II、年齢 18~65 歳)は、ビデオ喉頭鏡ガイド法か、または標準的手指法を使用して PLMA を挿入するよう無作…
コメント:0

続きを読むread more