ロボット大腸手術を受ける患者の術後オピオイド消費量に対するリドカイン注入の無作為化比較試験

・静脈内リドカインは鎮痛効果があり、術後のオピエートの必要性が減少することが示されているが、この効果はさまざまな手術集団でまだ議論されている。ロボット補助大腸手術でこの効果を実証できるかどうかを調査した。 ・本前向き二重盲式試験では、ロボット補助結腸直腸手術を受ける合計 60 人の成人患者が 2 群に無作為に割り当てられた。リドカ…
コメント:0

続きを読むread more

腹部手術中の硬膜外麻酔の安全性を評価するための脳酸素飽和度の測定

・近赤外分光法(NIRS)は、脳の酸素需要と供給のバランスの信頼できる評価方法と見なされる。広範な腹部外科手術中に適用される麻酔の形態の 1 つは、硬膜外麻酔である。全身麻酔に加えて、その併用は、腹部手術を受ける患者の麻酔の一般的に受け入れられている形式である。本研究の目的は、硬膜外ブロックが全身麻酔下で腹部手術を受ける患者の脳酸素飽和…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術における術前タンパク尿と術後急性腎障害:NARA 急性腎障害コホート研究

・術前タンパク尿と非心臓手術における術後急性腎障害(AKI)の関連についてはほとんど知られていない。 ・これは後ろ向きコホート研究である。2007 年から 2011 年に奈良医科大学病院で全身麻酔下に非心臓手術を受けた成人が含まれた。産科または泌尿器科の手術、分析のためのデータの欠落、あるいは術前透析の患者は除外された。暴露因子は…
コメント:0

続きを読むread more

肺および認知機能に及ぼすセボフルランとプロポフォールの麻酔効果の比較分析

・本研究は、肺癌切除患者の周術期炎症反応、肺機能と術後認知機能に対するプロポフォールによる TIVA(全静脈麻酔)とセボフルラン吸入の効果を比較するために計画された。 ・合計 98 人の患者を無作為に研究群と対照群に分け、各群に 49 症例を割り当てた。研究群にはプロポフォールによる全静脈麻酔が行われ、対照群にはセボフルランによる…
コメント:0

続きを読むread more

眼科手術からの覚醒中の気管吸引のためのプロポフォールの最適効果部位濃度

・眼科手術では、全身麻酔からの覚醒中の咳嗽は、眼圧に有害な影響を与える可能性がある。覚醒中の気管吸引により、この反射が誘発される場合がある。気管吸引時の咳嗽反射の誘発を回避するためのプロポフォールの最適な効果部位濃度(EC)は不明である。本研究の目的は、眼科手術を受ける患者の覚醒時の気管吸引のためのプロポフォールの最適な EC を評価す…
コメント:0

続きを読むread more

ニコチン置換療法と大きな手術のために入院した喫煙者の転帰との関連

・周術期の直前にニコチン置換療法(NRT)を開始すると、創傷治癒に悪影響を及ぼす可能性があるという懸念がある。NRT と外科的処置のために入院した喫煙者の術後転帰との関連を調査した。 ・これは 2015 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日までに大きな外科的処置のために入院した現行喫煙者 552 人の病院での…
コメント:0

続きを読むread more

満期妊婦の体型測定値と硬膜外の深さとの関係の前向き観察調査

・肥満指数(BMI)高値は脊柱管ブロック困難を予測できるが、脂肪の分布も重要である。主な研究目的は、超音波で測定した硬膜外の深さと相関する体型および脂肪分布測定値を特定することであった。著者らは、中腕および肩甲下の脂肪層の厚さや頸椎の長さなどの測定値は、BMI という体全体の測定値よりも超音波で測定した硬膜外の深と相関性が高いと仮定した…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2020/01/07

【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 (1) (________e) : 皮膚分節/皮膚知覚帯/デルマトーム (2) (a_________) (s__________) (d___) : アドレナリン[作動性]受容体刺激薬/アドレナリン刺激薬 (3) (n__________…
コメント:0

続きを読むread more

入院の遅れは、高齢の股関節骨折患者の手術転帰の悪化と関連している:後向き観察研究

・高齢者の股関節骨折患者の死亡率と合併症率に及ぼす手術遅延の影響が広く研究されている。ただし、ほとんどの研究は、入院前の待ち時間を考慮せずに、患者がすでに入院している場合の手術タイミングにのみ焦点を当てている。そこで、本研究の目的は、手術転帰に及ぼす入院遅延の影響を調査することである。 ・本後ろ向き研究では、対象患者の入院のタイミ…
コメント:0

続きを読むread more

迅速回復プロトコルを用いた全関節形成術の術後転帰に及ぼす脊柱管麻酔の効果

・全身麻酔(GA)と比較して、脊柱管麻酔(NA)は、全関節形成術(TJA)後の転帰の改善に関連付けられている。迅速回復プロトコルが確立された施設で、患者の転帰に及ぼす NA の影響を調査した。 ・これは、2015 年 7 月から 2018 年 6 月までに行われた 5914 例の連続した初回 TJA についての単施設後ろ向き分析で…
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の気管挿管のための筋弛緩薬:系統的レビューとメタ分析

・筋弛緩薬を使用して小児の気管挿管を補助することの利点は、試験のデザイン、治療、結果がばらついているため不明のままである。利用可能なエビデンスを併用することによって、著者らは科学的知見が一貫しており、さまざまな集団、設定条件、治療で一般化できるかどうかを確立することを目指した。 ・ASA クラス I-II の被検者(年齢 0-12…
コメント:0

続きを読むread more

冠動脈バイパス移植手術を受けた高齢患者における麻酔深度と脳酸素化の両方の術中最適化: 無作為化対照予備試験

・高齢患者の麻酔深度と局所脳組織酸素化(rScO2)の両方の術中最適化により、術後の認知機能低下(主要評価項目)やせん妄(副次評価項目)は減るのか? ・大都市教育および大学病院と三次次紹介センター単施設での前向き無作為化対照単盲式試験で、人工心肺下の待機的冠動脈バイパス術を受ける年齢 65 歳以上の患者を対象とした。術中麻酔深度(…
コメント:0

続きを読むread more

脳灌流に及ぼす全身麻酔導入時の低血圧の影響:成人の前向き観察研究

・麻酔中、平均動脈圧(MAP)の低下はよく見られるが、脳低灌流の可能性への影響は議論の余地がある。著者らは、全身麻酔導入中および低血圧エピソード中に、心血管合併症のある患者とない患者(高リスク vs 低リスク)で脳灌流を評価した。 ・プロポフォール-レミフェンタニルの標準化目標制御注入を使用した神経放射線学的処置予定の患者を前向き…
コメント:0

続きを読むread more

都市部の三次医療センターでの妊婦における分娩前重症高血圧と関連する分娩前後合併症

・妊娠高血圧症は、母体の合併症と死亡の主な原因である。急性重症高血圧は予後不良であが、治療はしばしば遅れ、普遍的ではない。 ・合計 654 人の患者が、妊娠高血圧障害が母体および胎児の罹患率に及ぼす影響を評価されて、3 群に分けられた:正常血圧(I 群、n=306)、非重症高血圧(II 群、n=248)、収縮期血圧が 160 以上…
コメント:0

続きを読むread more

2 型糖尿病患者における冠動脈バイパス術後の術直後合併症:前向きコホート研究

・米国および欧州諸国の 2 型糖尿病(T2DM)患者におけるいくつかの研究は、T2DM なしの患者よりも、冠動脈バイパス術(CABG)後の 合併症と死亡のリスクが高いことを示している。インドの患者からのデータはほとんどない。そこで、本研究は、インド人患者における CABG 術直後の術後合併症に焦点を合わせて実施された。 ・待機的 …
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨頸部骨折患者における周術期心臓酵素上昇の予後的意義:系統的レビューとメタ分析

・大腿骨頸部(NOF)骨折は、骨折後の合併症率と死亡率の増加に関連する併存疾患高齢患者のよく見られる外傷である。外傷のために、患者は生活の質や自立生活の低下をきたし、養護施設への移動や介護に依存することがある。多数の要因が、NOF 骨折後の合併症や生存率の低下に関連している。VISION コホートからは、さまざまな非心臓外科手術後の術後…
コメント:0

続きを読むread more