テーマ:シバリング

帝王切開時の周術期シバリングを予防するための脊柱管内補助剤:PRISMA ガイドラインに準拠したネットワークメタ分析

・周術期シバリングは、脊柱管麻酔下の帝王切開時に臨床的によく見られ、いくつかの脊柱管内補助剤がそれに対して予防効果があると報告されている。ただし、本研究の結果は議論の余地があり、これらの脊柱管補助薬の効果は不明のままである。研究の目的は、帝王切開時の周術期シバリングに及ぼす脊柱管内補助剤の効果を評価し、臨床応用に最適な選択肢を提供するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の帝王切開時のシバリングの危険因子: 前向き観察研究

・脊椎麻酔下の帝王切開時のシバリングはよく見られる現象である。酸素消費量を増やすことで患者の生理機能を変えるだけでなく、分娩者の出産の経験にも影響を与える可能性がある。シバリングは術中低体温に関連すると考えられているが、危険因子と正確なメカニズムは不明のままである。 ・著者らは、不安度を含む術中シバリングの潜在的危険因子を調査する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術を受けた患者におけるバイスペクトル指数(BIS)値と術後シバリングとの関連

・術後シバリングは、全身麻酔後の最もよく見られる副作用の 1 つである。本研究は、整形外科手術を受ける患者における BIS モニタリング値と術後シバリングとの関連を評価することを目的とした。 ・この横断的研究は、2017 年 8 月から 2018 年 9 月まで、Sabzevar 市の Shahid Beheshti 病院で実施さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後のシバリング予防のためのケタミン、トラマドール、デキスメデトミジン使用の比較

・脊椎麻酔後のシバリングはよく見られる合併症であり、局所麻酔後の患者の 40~70% に多くみられる。このシバリングは、その生理学的および循環動態効果とは別に、手術疼痛よりも不快であるとさえ記載されている。研究の目的は、脊椎麻酔後のシバリング予防のための静脈内(IV)ケタミン、デキスメデトミジン、トラマドールの予防的有効性を評価し、比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開に続く脊椎麻酔後シバリング予防におけるトラマドールと低用量ケタミン静脈内投与の有効性:二重盲

・シバリングは脊椎麻酔のよく見られる望ましくない合併症である。それは、代謝熱賛成を高めようとする体核温度を上昇させる生理学的反応である。しかしながら、シバリングは、心筋虚血を誘発したり、眼内と頭蓋内圧を上昇させ、創部痛を増大させ、創傷治癒を遅延させ、脈拍数、血圧、心電図モニタリングを妨げる可能性がある。著者らは、脊椎麻酔下で帝王切開を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経尿道前立腺切除術中のシバリング予防のためのクモ膜下デキサメタゾン vs .メペリジン:無作為化比較

・シバリングは、脊椎麻酔後の一般的な合併症である。また、経尿道的前立腺切除術中には大量の灌流液が使用され、低体温とシバリングを引き起こす可能性がある。著者らは、クモ膜下デキサメタゾンは、クモ膜下メペリジンと同じくらい、経尿道前立腺切除術後の脊椎麻酔後シバリングを効果的に軽減できると仮定した。 ・年齢 50~75 歳の 90 人の男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

術後シバリングに対するトラマドールの予防投与の有効性:無作為化比較試験のメタアナリシス

・術後シバリング(POS)は、全身麻酔後に発生するよく見られる合併症である。これまで、トラマドールが POS の予防または治療に有効であることについての多くの研究が報告されている。ここでは、POS 予防におけるトラマドールの有効性を評価するためのメタ分析を行った。 ・PubMed、Embase、Cochrane Library を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シバリング予防のケタミン

1.術後シバリング予防のためのケタミンとペチジンの偽薬対照比較 2.術中少量ケタミンがレミフェンタニル誘発性の術後シバリングを予防する 3.麻酔後シバリング予防のためのメペリジンと低用量ケタミン2種投与の予防効果 4.脊椎麻酔下に帝王切開分娩を受ける妊婦で、シバリングを防止するための予防的ケタミン 5.緊急下肢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more