テーマ:UKA

単コンパートメント人工膝関節置換術を受ける患者で、全身麻酔は脊椎麻酔と比較して有害事象の増加をきたす

・単コパートメント膝関節形成術(UKA)の施行数は、近年、劇的に増加しており、長期的な転帰が良好と報告されている。UKA は、全身麻酔または脊柱管麻酔(すなわち、脊椎)麻酔下で行える。ただし、麻酔の種類に基づいて転帰に差があるかどうかについてはほとんどわかっていない。本研究の目的は、初回待機的 UKA を受けた患者の麻酔法の間で周術期転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more